動物

ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気かも??

okasina


ペットも人間と同じく病気になります。
有名な感染症などは予防接種などで対策されていると思います。
ケガをすれば獣医さんに連れていけばいいですよね。

しかし、脳の疾患や、神経系疾患の場合は外からわかりません。
どうしたらいいのでしょう?

そんなとき、ある特徴的な行動を取る場合があります。
例えばこんな病気のときに現れます。

前脳疾患
脳腫瘍
門脈体循環シャント
高低ナトリウム血症などによる代謝性疾患
毒性中毒
脳卒中
脳炎
肝性脳症
神経系への感染(狂犬病、寄生虫、細菌、ウイルスまたは真菌感染症など)
頭部外傷

怖い病名が並んでいますね…
その特徴的な行動はとてもわかりやすく、すぐ気が付くものです。
次のページで解説します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yomei 盲目の上、心臓に問題を抱え、余命宣告をされた子猫。残された僅かな…
  2. hukouhei 2匹の猿で実験した「不公平な」実験。猿はどんな反応をした?
  3. usiroasi1 後ろ脚と目に障害を持った子猫を拾った女性は安楽死を勧められるも、…
  4. tobiiri 小さな町のハーフマラソンで驚きの快挙!飛び入り参加で見事に入賞し…
  5. ubau 観光客の与えたソーセージがクマの尊い命を奪う結果に・・・
  6. kakusinhan1 この子猫の画像を送るなんて、まさしく“確信犯”。猫を見たら気絶す…
  7. katatoki 少女のそばを片時も離れない犬。感謝の気持ちの込められた犬への特別…
  8. makura 「ちょっとだけ…いいですか?」柴犬、魅惑の“猫まくら”に初挑戦す…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング