動物

ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気かも??

okasina


ペットも人間と同じく病気になります。
有名な感染症などは予防接種などで対策されていると思います。
ケガをすれば獣医さんに連れていけばいいですよね。

しかし、脳の疾患や、神経系疾患の場合は外からわかりません。
どうしたらいいのでしょう?

そんなとき、ある特徴的な行動を取る場合があります。
例えばこんな病気のときに現れます。

前脳疾患
脳腫瘍
門脈体循環シャント
高低ナトリウム血症などによる代謝性疾患
毒性中毒
脳卒中
脳炎
肝性脳症
神経系への感染(狂犬病、寄生虫、細菌、ウイルスまたは真菌感染症など)
頭部外傷

怖い病名が並んでいますね…
その特徴的な行動はとてもわかりやすく、すぐ気が付くものです。
次のページで解説します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hogo 保護した子猫が甘えてくる。その姿にキュン死しそう!
  2. houki 飼育放棄されたゴールデンの性格が豹変!人間に対して威嚇するように…
  3. rikuni 陸に打ち上げられた魚に、一生懸命に水をかける犬の動画が話題に!!…
  4. kouhuku 幸福な11日間を得たシェルター犬。保護した夫婦は悲しみと怒りが抑…
  5. yamete 『もうやめて!』動物園の前に捨て猫が…『保護できません』動物園の…
  6. turi 何かが近づいてくる!釣りをしていた男性たちが、魚の代わりにすくい…
  7. yuuzyou 「やっと産まれました!」「良かったわね~。」そんな会話が聞こえて…
  8. hukusyuu 早朝起こしにやってくる愛猫に復讐を決めた飼い主さん。意外な結末に…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  2. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  3. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  4. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1
  5. 【※スカッと】ぶつかったお爺さんを恐喝するホスト3人組・・・爺「今、家の者を呼びますから…」ホスト「早よしろ!」⇒ すると、黒塗りの車が到着して・・・ 2

アクセスランキング