動物

ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気かも??

okasina


ペットも人間と同じく病気になります。
有名な感染症などは予防接種などで対策されていると思います。
ケガをすれば獣医さんに連れていけばいいですよね。

しかし、脳の疾患や、神経系疾患の場合は外からわかりません。
どうしたらいいのでしょう?

そんなとき、ある特徴的な行動を取る場合があります。
例えばこんな病気のときに現れます。

前脳疾患
脳腫瘍
門脈体循環シャント
高低ナトリウム血症などによる代謝性疾患
毒性中毒
脳卒中
脳炎
肝性脳症
神経系への感染(狂犬病、寄生虫、細菌、ウイルスまたは真菌感染症など)
頭部外傷

怖い病名が並んでいますね…
その特徴的な行動はとてもわかりやすく、すぐ気が付くものです。
次のページで解説します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tatumaki 竜巻の被害にあった飼い主の腕の中には傷ついた犬の姿が…「大切にす…
  2. dougu 飼い主が手作りした介助道具が画期的!目がみえなくなったチワワのた…
  3. eisei 衛生環境最悪のもとにいたネコの親子が救出される。
  4. sai サイの赤ちゃんが突然心肺停止!果たして助かるのか!?必死の心肺蘇…
  5. keibitai 不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸…
  6. kitune 照れちゃうワン!犬への愛がダダ漏れているキツネの表情にキュン死寸…
  7. sougiba 愛犬のことを気にかけながら亡くなった飼い主。その後、急に姿を消し…
  8. kouun 幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事件…実はサプライズが待っていた! sapu
  2. ある母親の投稿『ワニに殺された子の親を責めないで』この言葉が心に刺さる wanini
  3. 和歌山市で路上に落ちていたウインナーを食べた飼い犬が、直後に死亡。一体何が? uinna
  4. 漫画『スラムダンク』のよう…インターハイの予選で、残り0.9秒の奇跡が起こった! suramu
  5. 照れちゃうワン!犬への愛がダダ漏れているキツネの表情にキュン死寸前! kitune

アクセスランキング

PAGE TOP