動物

ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気かも??

okasina


ペットも人間と同じく病気になります。
有名な感染症などは予防接種などで対策されていると思います。
ケガをすれば獣医さんに連れていけばいいですよね。

しかし、脳の疾患や、神経系疾患の場合は外からわかりません。
どうしたらいいのでしょう?

そんなとき、ある特徴的な行動を取る場合があります。
例えばこんな病気のときに現れます。

前脳疾患
脳腫瘍
門脈体循環シャント
高低ナトリウム血症などによる代謝性疾患
毒性中毒
脳卒中
脳炎
肝性脳症
神経系への感染(狂犬病、寄生虫、細菌、ウイルスまたは真菌感染症など)
頭部外傷

怖い病名が並んでいますね…
その特徴的な行動はとてもわかりやすく、すぐ気が付くものです。
次のページで解説します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. mahuyu その勇気はスーパーマンの如し!真冬の海で行われた決死の救助活動
  2. kansya 捨てられ殺処分直前の猫。引き取られ感謝のキスを繰り返す姿に心温ま…
  3. zisin 地震から5日後に助け出された小さな命!「あの子を助けて…」飼い主…
  4. sirazuni 外の世界を知らずに死んでいく運命の「動物実験用」のビーグルが救い…
  5. kyuuti その犬は自らも1週間、飢えや不安と闘いながら仲間の窮地を支え続け…
  6. oborete 「大変だ!大好きな人が溺れてる!」小象による感動救出劇に心温まる…
  7. ottyoko やはり猫はおっちょこちょい!?恥ずかしい姿を激写されちゃった猫ち…
  8. nentyaku 粘着テープが骨の髄までもを痛めつけた。その犬の姿に心が引き裂かれ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング