動物

不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸警備隊の人工呼吸で見事に生還!

keibitai


子猫は何にでも興味を示します。この子は何か動くものでも追いかけていたのでしょうか?一匹の子猫が海に落ちて溺れてしまったのです。もう、助からない!と誰もが思いました。でも、この子猫は強運の持ち主だったのです!

小さな子猫が、大海原に落ちて直ぐに見つけてもらえたこと、そして、溺れている子猫を見つけた子供たちが子猫を見捨てなかったこと、そしてその上に、子供たちの近くに沿岸警備隊の方がいたなんて、奇跡が重なったようなものです。

おまけに、沿岸警備隊の方は子供の通報に対して“たかが子猫1匹”という対応をせずに、その小さな命に人間同様に懸命の救急処置を行いました。

危ないところで九死に一生を得た“子猫”は、本当にラッキーですが、自分たちの通報に対して真剣に対応してもらえたことで、子供たちの気持ちの中にも「仕事への向き合い方」や「命への向き合い方」が芽生えたのではないでしょうか?

次のページでは、沿岸警備隊の方が子猫に人工呼吸をする動画や助かった子猫の可愛い画像を紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. megane 先天性の病気のため視力の弱い赤ちゃん。メガネを作ってもらい初めて…
  2. tegami 20年後の娘へ・・・生まれたばかりの子供に当てた父親の手紙に号泣…
  3. kokka 1羽のカラスに国家権力が振り回される?ついに“要注意カラス”とし…
  4. hatiware 散歩中に出会った“ハチワレ美人猫”が、数日後に道の真ん中で待って…
  5. asika 初対面なのにキスまで…シュノーケリング中に出会ったアシカの人懐っ…
  6. omotya 殺処分を待つだけの毎日を送っていた犬…引き取られ、初めてのおもち…
  7. haiti ハイチのゴミ山の中から見つかった赤ちゃん。そこから奇跡の物語に世…
  8. yarisugi 妥当?やり過ぎ?ホームレスから子犬を取り上げる保護団体の活動に賛…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング