動物

『動物の撮影にフラッシュを使うのはやめて!』無許可でフラッシュ撮影されたため、目が見えなくなった猫!

satuei


動物園や水族館などで「写真撮影にフラッシュ禁止」というサインをよく見かけますが、それは眠っている動物たちを起こしてしまったり、驚かせたりしてしまうからだと思っていました。

しかし、フラッシュのような強い光を当てることで、動物にストレスを与えたり、深刻な被害を及ぼす可能性があるそうです。

 

フラッシュによって失明した猫

Twitterユーザーのヤク物(@nezikure)さんが、フラッシュを使われたため、目が見えなくなった猫のことをTwitterに投稿したところ大きな話題となりました。

ヤク物さんは、実家の敷地内に観光客が勝手に入り込み、フラッシュを使って猫たちを撮影し、そのうちの1匹が失明してしまったといい、「動物の撮影にフラッシュをたくのはやめてほしい」と強く注意を促しています。

養鶏場を営んでいるヤク物さんの実家で起こった出来事です。

島にやってきた観光客が、許可を得ることなく無断で敷地内に入り、大きなカメラ機材を使い、フラッシュをたいて猫たちの撮影をしていたそうです。

それに気づいた近所の人が注意をすると、「写真撮影が趣味だから」「別にいいでしょ」と悪態をつき、全く聞く耳を持たず、警察を呼ぶ事態に発展してしまいます。

そんななか、1匹の猫が前足で額をぬぐう様な仕草を繰り返しているのに1人の年配の住人が気づきます。

その後、動物病院に連れていき、獣医師に診察してもらいました。
その結果は…

 

動物を撮影するのにフラッシュをたくのはとても危険!

Twitterユーザーのヤク物さんの実家の敷地内に勝手に入り込み、フラッシュを使って猫たちの撮影を行う観光客。
そのうちの1匹に異変が見られます。

動物病院に連れていき、診察してもらったところ、その猫は目が見えていないことがわかりました。

多少の回復の見込みはあるものの、元通りになるのは難しいそうです。

この事実にヤク物さんは、フラッシュを使うことへの注意とともに、強い怒りをあらわにしています。

ツイートが大きな議論を呼んだため、ヤク物さんは動物病院などいつくかの専門機関に相談してみたそうです。

夜行性の猫などは、私たちに比べ、弱い光を多く取り込め、フラッシュなどの強い光を当てられると、被害を受けることがあるそうです。

1回のフラッシュで失明する可能性は低いそうですが、痙攣を起こしたり、網膜の障害を起こすことがあります。
フラッシュが動物たちにストレスを与えることは確かで、今回被害にあった猫は高齢で高血圧ということもあり、急性の網膜剥離を起こした可能性も考えられるそうです。

また、特に、視覚が発達していない幼児期や暗闇でのフラッシュ撮影は、動物たちに深刻なダメージを与えることがあるそうです。

ほとんどの人にとってスマートフォンが手放せない今の世の中。
いつでもどこでも写真撮影ができてしまいます。

今回の観光客も他人の敷地内に無断で入り込むのはとても無礼で、また別の問題ですが、猫を傷つけるために撮影していたわけではないでしょう。

今までフラッシュが動物に危害をもたらすことがあることを知りませんでした。

今回被害にあってしまった猫が少しでも回復することを願い、そしてこれからは動物を撮影するときには気をつけようと思います。

 

【関連記事】

衝撃のペット販売方法。その異常さを訴える杉本彩さんの意見がネットで話題に。

 

突然刺されても吠えなかった盲導犬。その卑劣な事件を絶対に許してはいけない

 

劣悪な環境の中で生きる犬の親子。怪我をしながらも子育てに励む母犬の愛に脱帽!

 

もしも、自分の子がお腹の中にいる時に重い障害を持っていると分かったら、あなたはどうしますか?産まれてきた重度発達異常の赤ちゃんの奇跡

出典:Twitter

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hukurodume 命への暴虐!袋詰めにされ捨てられた子犬たち・・・
  2. kahogo 「あ、ほら……落ちちゃうから!」猫のひとり遊びを見守るワンちゃん…
  3. randoseru ランドセル占拠に成功した“ドヤ顔猫ちゃん”!スッポリ収まる猫ちゃ…
  4. raibu ライブをじっくり子猫ちゃんたち!!その姿に心が温まる
  5. sutaffu お仕事中のスタッフさんの邪魔をしちゃダメでしょ!違うんです。この…
  6. usagi 後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作…
  7. oumu オウムの賢さに脱帽!道具を作るのは人間だけではなかった。目標物に…
  8. dassou 「脱走なんて駄目だよ!」腕白な黒柴を止めるべく、賢明な茶柴はある…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  2. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  3. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai
  4. 職業犬の悲しき性。引退してなお家を守ろうとした結果…… intai
  5. 小指を使った性格占いが当たり過ぎてやばい!!あなたの性格がバレちゃう!? koyubi

アクセスランキング