動物

海に浮かんでいるゴミが動いている?漁師はすぐに飛び込んでゴミを回収。そのゴミとは…

ryousi


海には人間が捨てたゴミにあふれています。
たとえば、釣りに使った釣り糸。
これに絡まって足をなくしてしまった海鳥の映像をみたことはありませんか?

他にもプラスチックのゴミがあふれかえっていて、日本海の沿岸には流れ着いたゴミが散乱しています。
プラスチックは分解されることがないので、海をただよい続けます。
2050年には魚よりプラスチックの方が多く海を泳ぐのではないか?という研究まであります。

そんなある日、漁師が漁をしていたところ、動くゴミを発見しました。
異常を感じた漁師はすぐさま飛び込んでゴミを回収。
そのゴミは何だったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. honoo 原動力は『愛』。我が子を助けるため、5回も炎に飛び込んだ母犬
  2. dassou 「脱走なんて駄目だよ!」腕白な黒柴を止めるべく、賢明な茶柴はある…
  3. kizuna 「ずっと一緒だよっ!」人と犬の絆の深さが伝わってくる画像集!
  4. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  5. dougu 飼い主が手作りした介助道具が画期的!目がみえなくなったチワワのた…
  6. kirai お風呂大っ嫌いワンコ。必死に抵抗するも最後はバスタブに向かう姿が…
  7. souziki1 猫のお気に入りのオモチャをうっかり掃除機で吸い込んじゃった!する…
  8. sakubun ある小学校での授業参観。1人の生徒が発表した作文がモンスターペア…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング