動物

後ろ脚と目に障害を持った子猫を拾った女性は安楽死を勧められるも、その子を見捨てることはありませんでした。

usiroasi1


ある日、高速道路で1匹の子猫を見つけて保護したのは、アメリカ・フロリダ州在住のカーメンさんという女性でした。彼女が子猫を保護した時、後ろ脚の曲がり方がひどかったため、高速道路に迷い込み車に轢かれたのだと思いました。

カーメンさんは子猫を動物病院に連れて行き検査を受けさせました。結果から獣医師は、子猫の曲がった後ろ脚はケガによるものではなく、生まれつき持って生まれた障害であると診断しました。その後の検査で、子猫は後ろ脚だけでなく目にも異常があることが分かったのです。

子猫は保護された当時生後5週間でしたが、全盲の状態で、成長しても目が見えるようになる可能性は低いのではないかとのことでした。獣医師は、子猫が抱えている障害を説明した後に、厳しい選択肢が2つあることをカーメンさんに伝えます。

ひとつ目の選択肢は、なんと“安楽死”、ふたつ目の選択肢は、カーメンさんが子猫の障害を知ったうえで責任もって飼い続けることができるかというものでした。

カーメンさんに迷いなどありませんでした。「この子を引き取り、一生愛し続けます。」そう獣医師に告げました。

保護されてから、カーメンさんの自宅に引き取られ、徐々に元気になる子猫の様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yorisou 雨にうたれる1匹の野良犬に寄り添う女子学生。当たり前の行動のよう…
  2. nori 子犬の体を“ノリ”で固める…その行為は、もはや子どものイタズラや…
  3. samewo サメを浜に引き上げて記念撮影→サメ死亡→世界中から非難の声で炎上…
  4. kiiroi ご存知ですか?黄色いリボンをつけた犬「イエロードックプロジェクト…
  5. yuuzyou 「やっと産まれました!」「良かったわね~。」そんな会話が聞こえて…
  6. ori 冷たい檻の中で泣く老犬。家族から見捨てられた老犬の行方は…
  7. dassou 「脱走なんて駄目だよ!」腕白な黒柴を止めるべく、賢明な茶柴はある…
  8. settyaku 接着剤で前足と頬をくっつけられた瀕死の子猫。懸命な治療により奇跡…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング