動物

後ろ脚と目に障害を持った子猫を拾った女性は安楽死を勧められるも、その子を見捨てることはありませんでした。

usiroasi1


ある日、高速道路で1匹の子猫を見つけて保護したのは、アメリカ・フロリダ州在住のカーメンさんという女性でした。彼女が子猫を保護した時、後ろ脚の曲がり方がひどかったため、高速道路に迷い込み車に轢かれたのだと思いました。

カーメンさんは子猫を動物病院に連れて行き検査を受けさせました。結果から獣医師は、子猫の曲がった後ろ脚はケガによるものではなく、生まれつき持って生まれた障害であると診断しました。その後の検査で、子猫は後ろ脚だけでなく目にも異常があることが分かったのです。

子猫は保護された当時生後5週間でしたが、全盲の状態で、成長しても目が見えるようになる可能性は低いのではないかとのことでした。獣医師は、子猫が抱えている障害を説明した後に、厳しい選択肢が2つあることをカーメンさんに伝えます。

ひとつ目の選択肢は、なんと“安楽死”、ふたつ目の選択肢は、カーメンさんが子猫の障害を知ったうえで責任もって飼い続けることができるかというものでした。

カーメンさんに迷いなどありませんでした。「この子を引き取り、一生愛し続けます。」そう獣医師に告げました。

保護されてから、カーメンさんの自宅に引き取られ、徐々に元気になる子猫の様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sensou 戦争で引き裂かれた恋。70年の時を越え、2人の想いが奇跡を起こし…
  2. gisoku1 義足を壊してしまう愛犬のために飼い主さんが作ってあげた『テニスシ…
  3. migime 何者かに酸をかけられた猫…右目を失ってしまった猫の行く先は!
  4. oboreru 赤ちゃんクマが水中に!溺れる我が子をすぐに助けると思いきや…母ク…
  5. ega 江頭2:50が暴走族を更生させた!?その感動の一言とは。
  6. hayatoti どうしてこうなった・・・早とちり猫VSベビーシッター
  7. zou 「タイで象に乗る」観光の裏に潜む闇、あなたはご存知ですか?象が人…
  8. hurode 大好きなお母さんが、お風呂で溺れていたらどうしよう……そうだ!毎…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング