動物

後ろ脚と目に障害を持った子猫を拾った女性は安楽死を勧められるも、その子を見捨てることはありませんでした。

usiroasi1


ある日、高速道路で1匹の子猫を見つけて保護したのは、アメリカ・フロリダ州在住のカーメンさんという女性でした。彼女が子猫を保護した時、後ろ脚の曲がり方がひどかったため、高速道路に迷い込み車に轢かれたのだと思いました。

カーメンさんは子猫を動物病院に連れて行き検査を受けさせました。結果から獣医師は、子猫の曲がった後ろ脚はケガによるものではなく、生まれつき持って生まれた障害であると診断しました。その後の検査で、子猫は後ろ脚だけでなく目にも異常があることが分かったのです。

子猫は保護された当時生後5週間でしたが、全盲の状態で、成長しても目が見えるようになる可能性は低いのではないかとのことでした。獣医師は、子猫が抱えている障害を説明した後に、厳しい選択肢が2つあることをカーメンさんに伝えます。

ひとつ目の選択肢は、なんと“安楽死”、ふたつ目の選択肢は、カーメンさんが子猫の障害を知ったうえで責任もって飼い続けることができるかというものでした。

カーメンさんに迷いなどありませんでした。「この子を引き取り、一生愛し続けます。」そう獣医師に告げました。

保護されてから、カーメンさんの自宅に引き取られ、徐々に元気になる子猫の様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sns1 ビニール袋に閉じ込めて捨てられていた犬。助けることができたのは……
  2. sensou 生きて帰れるかどうかなんて分からない過酷な戦争!戦地へ赴く前日に…
  3. ohaka その犬は、自分の一番大切なものを守るための場所を探し求めました。…
  4. ookami 冬の川で死にかけていたオオカミを救助!しかしその後の検査で体内か…
  5. ta-ru1 タールまみれで発見された子犬。瀕死の状況の中、動物保護団体の懸命…
  6. nade 撫でられるのが気持ちよすぎて何ども求めてくるポメラニアンの可愛さ…
  7. gassyousai 合唱祭に全員サングラスで出場したクラス。それはクラスの想いがひと…
  8. yarakasi 本当にわかってる!?やらかしちゃったワンコたちの面白&キュートな…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング