動物

後ろ脚と目に障害を持った子猫を拾った女性は安楽死を勧められるも、その子を見捨てることはありませんでした。

usiroasi1


ある日、高速道路で1匹の子猫を見つけて保護したのは、アメリカ・フロリダ州在住のカーメンさんという女性でした。彼女が子猫を保護した時、後ろ脚の曲がり方がひどかったため、高速道路に迷い込み車に轢かれたのだと思いました。

カーメンさんは子猫を動物病院に連れて行き検査を受けさせました。結果から獣医師は、子猫の曲がった後ろ脚はケガによるものではなく、生まれつき持って生まれた障害であると診断しました。その後の検査で、子猫は後ろ脚だけでなく目にも異常があることが分かったのです。

子猫は保護された当時生後5週間でしたが、全盲の状態で、成長しても目が見えるようになる可能性は低いのではないかとのことでした。獣医師は、子猫が抱えている障害を説明した後に、厳しい選択肢が2つあることをカーメンさんに伝えます。

ひとつ目の選択肢は、なんと“安楽死”、ふたつ目の選択肢は、カーメンさんが子猫の障害を知ったうえで責任もって飼い続けることができるかというものでした。

カーメンさんに迷いなどありませんでした。「この子を引き取り、一生愛し続けます。」そう獣医師に告げました。

保護されてから、カーメンさんの自宅に引き取られ、徐々に元気になる子猫の様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. houti 道路に放置された白い犬は…車に轢かれていた!見過ごせない一人の男…
  2. gomibako1 マクドナルドのゴミ箱に捨てられ、懸命に生きようとした子犬。その小…
  3. musi 地面の下から子猫の鳴き声が…「無視しろ」と言う役人を無視し救出作…
  4. kyoubou4 『凶暴な犬だから』と捨てられた犬。その犬を凶暴にしたのは、捨てた…
  5. hitori ひとりぼっちだった子ネコに友達が!!たくさんの愛情に囲まれて育つ…
  6. ikigai 強面おじさんの生きがいは『猫』。22年間、野良猫たちに愛を注いで…
  7. sikaku 視覚障害者の元医師が盲導犬に取り付けた小型カメラに映し出された悲…
  8. kainusi 7ヶ月ぶりの再会で飼い主さんの腕の中に倒れ込む愛犬。もしも言葉が…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  2. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  3. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  4. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1
  5. 【※スカッと】ぶつかったお爺さんを恐喝するホスト3人組・・・爺「今、家の者を呼びますから…」ホスト「早よしろ!」⇒ すると、黒塗りの車が到着して・・・ 2

アクセスランキング