動物

生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それでも人の温もりが欲しい…久しぶりの訪問者を抱きしめる姿に胸が張り裂ける!

seitai1


孤島で暮らすひとりぼっちのチンパンジー『ポンソ』

seitai2
今年の1月、生体実験の末に孤島に捨てられ、3年間もの間ひとりぼっちで生活していた1匹のチンパンジー、ポンソの元を1人の訪問者が訪れました。

西アフリカのギニア共和国にあるチンパンジー保護センターの理事である、エステル・ラバランドさんが、ポンソの健康状態を調べるために島にやって来たのです。

ポンソはエステルさんの姿を確認するなり、顔いっぱいに広がる笑顔を見せ、即座に抱きついてきたそうです。
ひとりでどれだけ寂しい思いをしていたのかが、痛いほど伝わってきます。

 

生体実験の後、島に捨てられたチンパンジーたち

ポンソの悲劇の始まりは13年前。

ポンソは他の65匹のチンパンジーとともに、西アフリカのコートジボワール共和国の近くの島に捨てられます。

大半のチンパンジーたちは、野生で暮らしていたところを捕獲され、ニューヨーク血液センター(NYBC)の肝炎治療の実験台として使われていました。

実験が行われていた間、生検(生体の臓器や組織を切り取ったり、針を刺して取ったりして検査し、診断を確定すること)が繰り返され、麻酔をされ、時には首に鎖をつけられ、ジャングルジムにつながれたりしていたといいます。

そして実験が終了すると、研究所は用なしになったチンパンジーたちを隔離された島に連れて行き、捨てたのです!

ただ、島にはチンパンジーたちが生きていくための食料がないので、時折、研究所の職員が食べ物の補給は行っていたようです。

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hokaku 「一緒に連れて行って!」大切な子猫のため、自ら捕獲器に入り保護施…
  2. yoppara 酔っぱらった男が動物園のライオン舎に!本当は、人間の“自己責任”…
  3. kyouzin 狂人と呼ばれ死んでいった男。22年後、男が聖人のごとく扱われるよ…
  4. siro 実験犬として、実験や虐待を繰り返し行われるという悲惨すぎる生活を…
  5. gomisute1 少女がゴミ捨て場から子猫を救出!!少女が手を差し伸べていなかった…
  6. yami 華やかさの裏にある闇。調教師を殺めた末、86発の銃弾を受けて絶命…
  7. metoasi 虐待され目と足を奪われたワンコ。新しい家族に出会いやっとつかんだ…
  8. hahaoya 母親の愛に感動!骨折した足をひきずり3kmの道のりを歩く母犬。獣…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング