動物

生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それでも人の温もりが欲しい…久しぶりの訪問者を抱きしめる姿に胸が張り裂ける!

seitai1


孤島で暮らすひとりぼっちのチンパンジー『ポンソ』

seitai2
今年の1月、生体実験の末に孤島に捨てられ、3年間もの間ひとりぼっちで生活していた1匹のチンパンジー、ポンソの元を1人の訪問者が訪れました。

西アフリカのギニア共和国にあるチンパンジー保護センターの理事である、エステル・ラバランドさんが、ポンソの健康状態を調べるために島にやって来たのです。

ポンソはエステルさんの姿を確認するなり、顔いっぱいに広がる笑顔を見せ、即座に抱きついてきたそうです。
ひとりでどれだけ寂しい思いをしていたのかが、痛いほど伝わってきます。

 

生体実験の後、島に捨てられたチンパンジーたち

ポンソの悲劇の始まりは13年前。

ポンソは他の65匹のチンパンジーとともに、西アフリカのコートジボワール共和国の近くの島に捨てられます。

大半のチンパンジーたちは、野生で暮らしていたところを捕獲され、ニューヨーク血液センター(NYBC)の肝炎治療の実験台として使われていました。

実験が行われていた間、生検(生体の臓器や組織を切り取ったり、針を刺して取ったりして検査し、診断を確定すること)が繰り返され、麻酔をされ、時には首に鎖をつけられ、ジャングルジムにつながれたりしていたといいます。

そして実験が終了すると、研究所は用なしになったチンパンジーたちを隔離された島に連れて行き、捨てたのです!

ただ、島にはチンパンジーたちが生きていくための食料がないので、時折、研究所の職員が食べ物の補給は行っていたようです。

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. nomini 娘を飲みに誘い連れまわした父親。そこには父親の深い愛情が秘められ…
  2. panku 我儘な男女がシェルターに持ち込んだ子犬。パンク状態にも関わらず、…
  3. turi 何かが近づいてくる!釣りをしていた男性たちが、魚の代わりにすくい…
  4. yubi 「お母しゃんの指は世界一!」飼い主さんの指をしゃぶりまくる子猫ち…
  5. bikou 背後に気配を感じる…犬が飼い主を尾行する四つの理由
  6. yuubin 犬を撫で回すまでがお仕事です。とある郵便配達員とわんこの交流物語…
  7. basuziko コロンビアで起きたバス事故。ケガをした男性の愛犬が取った行動が話…
  8. zikode 事故で瀕死の男性を救い出したのは捨てられた愛犬だった!

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※学校のテストの珍解答20選!】腹筋崩壊!子供達のセンス溢れる答えに大爆笑! | 5
  2. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  3. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  4. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  5. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1

アクセスランキング