動物

生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それでも人の温もりが欲しい…久しぶりの訪問者を抱きしめる姿に胸が張り裂ける!

seitai1


孤島で暮らすひとりぼっちのチンパンジー『ポンソ』

seitai2
今年の1月、生体実験の末に孤島に捨てられ、3年間もの間ひとりぼっちで生活していた1匹のチンパンジー、ポンソの元を1人の訪問者が訪れました。

西アフリカのギニア共和国にあるチンパンジー保護センターの理事である、エステル・ラバランドさんが、ポンソの健康状態を調べるために島にやって来たのです。

ポンソはエステルさんの姿を確認するなり、顔いっぱいに広がる笑顔を見せ、即座に抱きついてきたそうです。
ひとりでどれだけ寂しい思いをしていたのかが、痛いほど伝わってきます。

 

生体実験の後、島に捨てられたチンパンジーたち

ポンソの悲劇の始まりは13年前。

ポンソは他の65匹のチンパンジーとともに、西アフリカのコートジボワール共和国の近くの島に捨てられます。

大半のチンパンジーたちは、野生で暮らしていたところを捕獲され、ニューヨーク血液センター(NYBC)の肝炎治療の実験台として使われていました。

実験が行われていた間、生検(生体の臓器や組織を切り取ったり、針を刺して取ったりして検査し、診断を確定すること)が繰り返され、麻酔をされ、時には首に鎖をつけられ、ジャングルジムにつながれたりしていたといいます。

そして実験が終了すると、研究所は用なしになったチンパンジーたちを隔離された島に連れて行き、捨てたのです!

ただ、島にはチンパンジーたちが生きていくための食料がないので、時折、研究所の職員が食べ物の補給は行っていたようです。

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. oumu 絶滅危惧種のオウムを密輸する、その手口が残虐すぎる。その手口とは…
  2. seotte 登下校だけでなく生活までも。高校生活3年間、親友を「背負って」過…
  3. hanani 鼻にストローが詰まり、呼吸困難なウミガメ。絶対に海にゴミを捨てて…
  4. misemono 見せ物イベントにより鼻とあごを失っていた犬。里親との出会いから、…
  5. morete 同じ犬なの?犬の写真に盛れているときと、盛れていないときがある件…
  6. suterare 人間に捨てられ心を閉ざしてしまった犬が徐々に心を開く。
  7. metoasi 虐待され目と足を奪われたワンコ。新しい家族に出会いやっとつかんだ…
  8. tegami 20年後の娘へ・・・生まれたばかりの子供に当てた父親の手紙に号泣…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【外れちゃったのかなぁ〜〜♪ じゃねぇよw】菊間千乃元アナがフジテレビを辞めた理由が可哀想過ぎる(衝撃動画あり) 名称未設定
  2. 【母がトイレにコーラ流したときはいかれたのかと思った】コーラの飲む以外の便利な使い方10選 名称未設定
  3. 【ショック!まさかこの子も肉食女子だったなんて…】女性芸能人スキャンダル「超ヤリマン」公開!肉食女子を一挙公開!(画像付き) 名称未設定
  4. 【信じられない…】ゴールデンボンバー・樽美酒の素顔が凄すぎるとネットで話題に(画像あり) 名称未設定
  5. 【性格悪そうなのが滲み出てるもんな】テレビからも消え、干された、おのののか が自業自得すぎて草生えた(現在の画像あり) 名称未設定

アクセスランキング