動物

生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それでも人の温もりが欲しい…久しぶりの訪問者を抱きしめる姿に胸が張り裂ける!

seitai1


孤島で暮らすひとりぼっちのチンパンジー『ポンソ』

seitai2
今年の1月、生体実験の末に孤島に捨てられ、3年間もの間ひとりぼっちで生活していた1匹のチンパンジー、ポンソの元を1人の訪問者が訪れました。

西アフリカのギニア共和国にあるチンパンジー保護センターの理事である、エステル・ラバランドさんが、ポンソの健康状態を調べるために島にやって来たのです。

ポンソはエステルさんの姿を確認するなり、顔いっぱいに広がる笑顔を見せ、即座に抱きついてきたそうです。
ひとりでどれだけ寂しい思いをしていたのかが、痛いほど伝わってきます。

 

生体実験の後、島に捨てられたチンパンジーたち

ポンソの悲劇の始まりは13年前。

ポンソは他の65匹のチンパンジーとともに、西アフリカのコートジボワール共和国の近くの島に捨てられます。

大半のチンパンジーたちは、野生で暮らしていたところを捕獲され、ニューヨーク血液センター(NYBC)の肝炎治療の実験台として使われていました。

実験が行われていた間、生検(生体の臓器や組織を切り取ったり、針を刺して取ったりして検査し、診断を確定すること)が繰り返され、麻酔をされ、時には首に鎖をつけられ、ジャングルジムにつながれたりしていたといいます。

そして実験が終了すると、研究所は用なしになったチンパンジーたちを隔離された島に連れて行き、捨てたのです!

ただ、島にはチンパンジーたちが生きていくための食料がないので、時折、研究所の職員が食べ物の補給は行っていたようです。

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. syoubou 17年前に赤ちゃんの命を救った消防士が大きくなった少女の卒業式に…
  2. kanrisya 動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問…
  3. yubitata 最強DIY!0円でできる『モグラ叩き』ならぬ『指叩き』に夢中なネ…
  4. tegami 20年後の娘へ・・・生まれたばかりの子供に当てた父親の手紙に号泣…
  5. sutaffu お仕事中のスタッフさんの邪魔をしちゃダメでしょ!違うんです。この…
  6. heigai 独居生活の弊害はペットにも及ぶ。飼育放棄も同然に放置されていたペ…
  7. ohaka その犬は、自分の一番大切なものを守るための場所を探し求めました。…
  8. usagi 後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  2. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  3. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai
  4. 職業犬の悲しき性。引退してなお家を守ろうとした結果…… intai
  5. 小指を使った性格占いが当たり過ぎてやばい!!あなたの性格がバレちゃう!? koyubi

アクセスランキング