動物

生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それでも人の温もりが欲しい…久しぶりの訪問者を抱きしめる姿に胸が張り裂ける!

seitai1


孤島で暮らすひとりぼっちのチンパンジー『ポンソ』

seitai2
今年の1月、生体実験の末に孤島に捨てられ、3年間もの間ひとりぼっちで生活していた1匹のチンパンジー、ポンソの元を1人の訪問者が訪れました。

西アフリカのギニア共和国にあるチンパンジー保護センターの理事である、エステル・ラバランドさんが、ポンソの健康状態を調べるために島にやって来たのです。

ポンソはエステルさんの姿を確認するなり、顔いっぱいに広がる笑顔を見せ、即座に抱きついてきたそうです。
ひとりでどれだけ寂しい思いをしていたのかが、痛いほど伝わってきます。

 

生体実験の後、島に捨てられたチンパンジーたち

ポンソの悲劇の始まりは13年前。

ポンソは他の65匹のチンパンジーとともに、西アフリカのコートジボワール共和国の近くの島に捨てられます。

大半のチンパンジーたちは、野生で暮らしていたところを捕獲され、ニューヨーク血液センター(NYBC)の肝炎治療の実験台として使われていました。

実験が行われていた間、生検(生体の臓器や組織を切り取ったり、針を刺して取ったりして検査し、診断を確定すること)が繰り返され、麻酔をされ、時には首に鎖をつけられ、ジャングルジムにつながれたりしていたといいます。

そして実験が終了すると、研究所は用なしになったチンパンジーたちを隔離された島に連れて行き、捨てたのです!

ただ、島にはチンパンジーたちが生きていくための食料がないので、時折、研究所の職員が食べ物の補給は行っていたようです。

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ryousi 海に浮かんでいるゴミが動いている?漁師はすぐに飛び込んでゴミを回…
  2. ihai 大好きだった愛犬とよく一緒に遊んだ公園に愛犬の遺灰を撒いてあげる…
  3. tigausugata 酸をかけられ重傷を負ってしまい違う姿になってしまった父親への2歳…
  4. hanayome 意識不明の花嫁を6年間待ち続けた新郎…やっと迎えた感動の『8年越…
  5. kouun 幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救…
  6. semento2 セメントで出られなくした水槽の中に子犬を入れる…奇跡的に小さな命…
  7. kakusinhan1 この子猫の画像を送るなんて、まさしく“確信犯”。猫を見たら気絶す…
  8. setudan 足を切断され、川に投げ捨てられた子犬。保護され力強く生きる姿に心…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 鎌倉市が公開した『鎌倉市で津波から生きのびる』というシミュレーション動画!そのリアルすぎる動画に鳥肌が立つ kamakura
  2. 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…でも、あなたならカモのために躊躇せずに飛び込めますか? kamo
  3. 林先生が番組内で「明らかに黒だけど、白にしてと頼まれたら?」と北村弁護士に意地悪な質問。その回答が話題になっています! kitamura
  4. 全身をハチに刺され命すら危ない状態の愛犬を捨てるような人間に犬を飼う資格などありません! zensin
  5. 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事件…実はサプライズが待っていた! sapu

アクセスランキング

PAGE TOP