動物

幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救助犬”になっていました!

kouun


“幸運にも”という言葉は、殺処分が行われている現実には合ってないかもしれません。彼が、なぜ殺処分を免れることになったのか?本当なら彼の殺処分が延期されるのは、たった一日だけだったのです。その理由は、ガス室が満杯だったから…。悲しいですが、それだけ殺処分の数が多いということですよね。

記憶に新しい熊本大地震の被災地に向かうヘリの中には災害救助犬も乗っていました。事態は一刻を争います!日本国内だけでなく海外で災害が起こったときにも、救助犬の能力は大きな力となるため即座に派遣されます。災害救助犬の役割は、少しでも早く瓦礫や土砂の中から生存者を見つけ出すという危険かつ重要なものです。

熊本地震のときには、その日の夜中に広島を出発して、翌朝の8時には捜索活動が始まっていました。地震発生から11時間後のことです。そのヘリの中には救助犬の「夢之丞(ゆめのすけ)君」の姿もありました。そうです!その災害救助犬の「夢之丞」こそが6年前に一日ガス室に行くのが延期された殺処分寸前の子犬でした。

「夢之丞」が奇跡的に殺処分にならず、災害救助犬として活躍する姿を画像でご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kouhuku 保健所生活から一転。幸福を掴んだママ猫と四匹の子猫たち
  2. henken きっと犬には分かるんです。今、目の前にいる人間が自分の事をどう思…
  3. matu1 飼い主に先立たれ、保護施設で新しい家族を待つ“おばあさんニャンコ…
  4. hesonoo へその緒がついたままの子猫が路上に倒れていた。もうダメかと思い埋…
  5. semento2 セメントで出られなくした水槽の中に子犬を入れる…奇跡的に小さな命…
  6. gisoku1 義足を壊してしまう愛犬のために飼い主さんが作ってあげた『テニスシ…
  7. nezumitori 殺処分されるはずの猫たちが大活躍!それはなんと「ネズミ捕り」
  8. gyakutai 虐待のせいで心を閉ざしてしまった犬。それを救ったのは仲間だった。…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング