考える

  1. satuei

    『動物の撮影にフラッシュを使うのはやめて!』無許可でフラッシュ撮影されたため、目が見えなくなった猫!

    動物園や水族館などで「写真撮影にフラッシュ禁止」というサインをよく見かけますが、それは眠っている動物たちを起こしてしまったり、驚かせたりしてしまうからだと思っていました。しかし、フラッシュのような強い光を当てることで、動物にストレス…

  2. ryousi

    海に浮かんでいるゴミが動いている?漁師はすぐに飛び込んでゴミを回収。そのゴミとは…

    海には人間が捨てたゴミにあふれています。たとえば、釣りに使った釣り糸。これに絡まって足をなく…

  3. siro

    実験犬として、実験や虐待を繰り返し行われるという悲惨すぎる生活を送ってきた「シロ」が起こした奇跡!

    日本では以前、保健所や動物管理事務所に引き取られた動物たちは「殺処分」の他に「実験用」に払い下げられ…

  4. kansen

    HIV感染者が「私に触れて!(TOUCH ME!)」と書いたボードを置いて立っていたら。あなたは触れますか?

    最近、あまり耳にしなくなったHIVですが、逆に誤解や偏見が強くなってはいないでしょうか?HI…

  5. ziheisyou1

    自閉症の弟をからかう近所の小学生。その時、兄が毅然とした態度で言い放った言葉に考えさせられる

    「自閉症」は最近になってテレビの影響からか、徐々に理解されてきたように思います。でも、まだかなりの人…

  6. menonai

    目のないセラピー犬『スマイリー』彼の笑顔が人々に笑顔をもたらす!!

  7. nanimowakaranai

    この画像を見ても、まだ犬には何も分からないなんて思いますか?

  8. sakubun

    ある小学校での授業参観。1人の生徒が発表した作文がモンスターペアレントの意識を変えた!

  9. kouun

    幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救助犬”になっていました!

  10. matanithi

    「マタニティマーク」って知ってる?妊婦を助けるマークのはずが、危険になる場合が起こっているらしい…

ピックアップ記事

  1. gaman
  2. musumewo
  3. tyuuken
  4. satuei
  5. nezou1
  6. tegami
  7. renaikan1
  8. dotira

アクセスランキング