2016年 11月

  1. 犬が近所に住む人の靴に穴を開けた…その残虐すぎる仕返しに、同じ人間として許せない!

    人間が動物を虐待する動機には、動物への支配、他人を驚かせて楽しむため、人間以外の生き物への差別などが挙げられます。その内で『動物への報復』と『復讐の対象』が、今回のような“凄惨”とも言えるケースに当てはまるように思います。『動物への報復』…

  2. 個人情報を収集する新手の手口?が蔓延!新宿で「美味しいラーメン屋さん知りませんか?」と聞かれたら要注意です。

    少し前までは“個人情報”という言葉に神経質になっていたのに、近頃は少し感覚が麻痺しているというか、ゆ…

  3. 虐待を受け、瀕死の状態で保護された1匹のピットブル。恨んでもいいはずの人間に彼は尻尾を振って応えたのです。恥ずべきは動物虐待をする人間です。

    どうして、人間は何の罪もない動物に虐待を繰り返すのでしょう?悲しい限りです。抵抗できない犬や猫が苦し…

  4. 12年間共に暮らした相棒を亡くし、悲しみのあまり2年間も立ち直れないままの犬。そんな彼を元気づけたものとは?

    犬は仲間の死を理解するのか?ということについての体験談を見てみると、分かるという意見が多いようですね…

  5. “運命の赤い糸”は本当にあるの?海水浴で撮った何気ない写真。なんと!そこには20年後、夫婦となる2人が一緒に写っていたのです。

    昔からの言い伝えで、運命的な出会いをする男女は生まれたときからお互いの小指と小指が目に見えない『赤い…

  6. 動物を飼ったことのない男性が、生後間もない子猫を保護し育て上げました。そして、今ではお互い無くてはならない存在に!

  7. 学校の用務員さんに感謝のサプライズ!この仕事をやっていて良かった…感動で涙が止まらない。

  8. 言葉なんていらない!1枚の写真から2人が大切に育んできた愛情が伝わります。10枚の心温まるフォトショット

  9. 大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向かった勇敢な犬に全米が感動しました!

  10. 交通事故で大怪我を負い保護されたフクロウの『ジジ』。彼女を救った男性に見せる愛情表現に心温まる!