未分類

【衝撃】本当は怖い抗生物質の危険な事例…知らないと命取りになることも…

よく風邪などで処方される抗生物質というものがあります。

全部飲みきらないまま家に置いておいて
また風邪をひいた時に飲むという人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな本当は怖い抗生物質の危険な事例を紹介します。

 

抗生物質とは


かびや細菌により分泌され、
他の微生物(病原菌など)の発育・繁殖をおさえる薬です。

適切に使用すれば特定の感染症に対しては非常に有効であり、
最も有名なものとしては1928年にイギリスの細菌学者
アレクサンダー・フレミングが発見したペニシリンが挙げられます。

ペニシリン発見以前は多くの人々が感染症により命を落としていましたが、
ペニシリン発見後1940年代までには手術をより安全に行うことが可能になり、
平均余命の向上に大きく貢献したとされます。

しかし、細菌以外が原因となって起こる感染症には効かず、
また、抗生物質は種類によってそれぞれ決まった細菌にしか効果がないため、
使用には非常に慎重を要する物質です。

本当は怖い抗生物質の危険な事例って!?

続きは次のページへ↓