未分類

【ほっこり】ダウン症を持つ親。“子供がダウン症でよかった”

ダウン症

ダウン症というのをご存知でしょうか?

ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)は、体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、減数第二分裂に起こる。新生児に最も多い遺伝子疾患である。

症状としては、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害が特徴である。平均して8-9歳の精神年齢に対応する軽度から中度の知的障害であるが、それぞれのばらつきは大きく、現時点で治療法は存在しない。教育と早期ケアによりQoLが改善されることが見込まれる。

ダウン症は、ヒトにおいて最も一般的な遺伝子疾患であり、年間1,000出生あたり1人に現れる。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

日本では年間約1500人のダウン症の赤ちゃんが産まれています。

実際にダウン症の子どもを持つお母さんの本音に大反響がありました!

ダウン症に対する考えが変わる、その内容とは…

 

 

 

ダウン症の赤ちゃん、年間約1500人

大人気ドラマ、『コウノドリ』の最終回でも放送された、ダウン症ですが、

日本では現在5万人、イギリスも同じく5万人、アメリカでは34万人と言われており、出征人数は少ない国です。

様々な症状があるダウン症ですが、
医療、教育が進み、今ではほとんどの人が学校生活や社会生活を健常者と同じように送っています。

そんな、ダウン症として障害を持った赤ちゃんを産んだお母さんの本音が、

素敵すぎる!

感激!

と話題を呼んでいます。

その理由がこちら

続きは次のページへ↓