驚き

【悲報】キムヨナの現在…整形失敗か…(画像あり)

バンクーバー冬季五輪の女子フィギュアスケート金メダリストであるキム・ヨナが、11月1日にギリシャから聖火を持ち込む役を務め、その様子が公開されました。
 
キムヨナの顔を見てみると違和感が・・・
 
ん?こんな顔だったっけ・・・?
 
 
金 姸兒(キム・ヨナ、1990年9月5日 – )は、大韓民国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック銀メダリスト。2009年、2013年世界選手権優勝。日本のメディアでは「キム・ヨナ」とも表記される。

1990年9月5日、富川市で生まれる。家族は両親と3歳上の姉。軍浦市に移り、地元の道蔵中学校、修理(スリ)高校を経て、2009年3月より高麗大学校に在籍。2010年4月に設立された母親パク・ミヒが代表取締役を務めるマネジメント会社「オール・ザッツ・スポーツ(AT SPORTS)」に所属。カトリック教徒で、ステラという洗礼名を持つ

母国では「国民の妹」、「フィギュア・クイーン」、「フィギュアの妖精」と呼ばれている。 金の活躍により韓国ではフィギュアスケートがブームとなった。韓国のフィギュア選手登録者は、2006年の237人から2009年には348人に増えた。

5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず金をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝

2010年バンクーバーオリンピックでは、SP・FSともにISUジャッジングシステムでの歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。

2014年2月20日ソチオリンピック女子シングル、SPでは1位になるも、FSでアデリナ・ソトニコワに逆転されて銀メダルとなり、史上3人目となるオリンピック連覇は達成できなかった。キム自身は「すっきりした気持ちが一番大きかった。引退前の最後の競技をミスせずに終えたことに満足している」と語り改めて引退を表明し、翌日のエキシビジョンでジョン・レノンのイマジンでの演技をもって競技生活を終えた

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A6%8D%E5%85%92
 
↓↓ キムヨナの現在の姿・・・あれ?顔違くない?? ↓↓