お役立ち

マツコ・デラックスが正論!!!ヤンキーに絡まれた時の最善策wwwwwwww

マツコ・デラックス(男性、1972年10月26日)は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。千葉県出身。所属事務所はナチュラルエイト。千葉県立犢橋高等学校卒業。東京マックス美容専門学校出身。身長178cm、体重140kg(最大時150kg)。

mig

1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ[3][4]。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじみの従兄弟に性的な魅力を感じた経験を告白している。因みに漫才師シンデレラエキスプレスの松井成行は従兄弟にあたり、しかも唯一の男性であるため自身のことかもしれないと語っている[5]。高校では元SMAPメンバーの木村拓哉と一年間だけ同級生だったが、お互いに面識はなかった[6]。卒業後は美容専門学校東京マックス美容専門学校(東京都品川区)に入学し、美容師の資格を得て働いていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し[7]、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた[8]

二十代後半に一度退職し、実家で長く引き篭もり生活を送っていたが[9]、編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった[9]。更に中村から「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなどを経て[9]、2000年頃[10]から、スリーサイズ:全て180cm、体重140kgの巨体と、女装家というユニークなスタイルでタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。因みに、新聞やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある[11]。2002年、ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表している。また、毒舌と体型で比較される事の多いナンシー関とは、「デブ」についてのテーマで対談している[12]

df98df25c446b95fb73f61e95cfa86f6

wiki

 
↓↓ マツコ「DQNに絡まれたら◯◯すべき」 ↓↓