ニュース

【座間】被害者家族の悲痛な叫び…絶望的な状況とは

座間9人遺体遺棄事件の被害者家族の状況が酷く悲しい・・・
 
 
座間9人遺体遺棄事件
 

座間9人連続殺人事件(ざまくにん れんぞくさつじんじけん)は、2017年(平成29年)10月31日に発覚した[注釈 1]死体遺棄事件である[1][3]

神奈川県座間市緑ケ丘の当時27歳の男Sが住むアパート室内で、若い女性8人、男性1人の、計9人とみられる複数人の遺体が見つかっている[2]

2017年10月21日、東京都八王子市在住の被害者女性(当時23歳)が、午後6時半頃、自宅で職場の職員と面会したのを最後に、突然行方不明になった。行方不明になる前、女性は「自殺を一緒にしてくれる人を探している」[1]などとTwitterに書き込んでおり、自殺サイトを通じ、Sと1度連絡を取っていた]

 
 

同月23日午前、女性は「死ぬ決心がついた」と、Twitterでやりとりしていた人物に対しダイレクトメッセージで連絡した上で、午後になってこの人物と駅で合流したCITEREF産経新聞2017-10-31-15-p1。同日、JR東日本八王子駅・小田急小田原線相武台前駅で、それぞれ防犯カメラに]、この女性が、後にSと判明した男と[34]、ともに映っていた[]

事件後多くの海外メディアが報道した。

韓国では、『KBSテレビ』・『京郷新聞』が「猟奇殺人」、「アパートの一室で何が」と報道した[83]。アメリカでは、『ニューヨーク・タイムズ』は「連続殺人犯か」と報道し、『AP通信』は相模原障害者施設殺傷事件などを引き合いに出し、「日本は世界有数の治安が保たれた国だが最近、注目を集める事件が起きている」と報道した[83]

2017年11月10日には日本政府で事件の再発防止策などを検討する閣僚会議を開催する方針であることを、11月9日午前の記者会見で官房長官の菅義偉が明らかにした[84]

↓↓ 座間事件被害者家族の悲痛な叫び・・・これは酷いわ ↓↓