ニュース

【ショック】フィギュア羽生結弦、右足の怪我がヤバイ状態・・・

フィギュア羽生結弦選手が9日の大阪市中央体育館での公式練習で転倒
 
右足の怪我がやばい状態・・・
 
どうなるオリンピック
 
 
羽生結弦(はにゅう ゆづる、1994年〈平成6年〉12月7日 – )は、宮城県仙台市泉区出身の日本人フィギュアスケート選手(男子シングル)。愛称は「ゆづ」。全日本空輸 (ANA) 所属。
E7BEBDE7949FE7B590E5BCA6
主要な戦績として、2014年ソチオリンピック男子シングル優勝。2014年世界選手権優勝。グランプリファイナル3連覇(2013年-2015年)。全日本選手権3連覇(2012年-2014年)。

ショートプログラム(110.95点)、フリースケーティング(219.48点)、トータルスコア(330.43点)の現世界歴代最高得点記録保持者。

世界記録は2012年から10回更新しており、ISUジャッジングシステムのもとに開催された国際大会において、史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手である。
 

仙台市立七北田小学校、仙台市立七北田中学校、東北高等学校を経て、早稲田大学人間科学部人間情報科学科通信教育課程(eスクール)在学中[16]。血液型はB型。

名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」と父が命名した[4][17]

演技前に必ず行う胸の前で十字を切るような動作は、実際には「士」の形を描いており、「ジャンプの回転軸と両肩を平行に保つ意識を確認するためのおまじない」である。2015年11月以降から、両手で天を仰ぐような動作を最後に加えるようになった[18]

2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があり、スケートを始めた当初の目的のひとつは、喘息を克服することにあった[19]。肺を大きく開いて息を吸い込むことができないため、特に10代の頃は体力や持久力の面で劣ると指摘されてきたが、投薬治療、吸入薬、鍼治療、気道を開く施術、移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、体力面のハンデは改善されつつある[20]。しかし完治したわけではなく、特に練習拠点をカナダに移してからは、環境の変化により激しい発作に襲われることが増え[21]、2017年現在も発作を起こすと明かしている。

11月のNHK杯を予定していたが、9日の大阪市中央体育館での公式練習で転倒した際に負傷。翌日午後に日本スケート連盟が「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷」との診断結果を発表し、正式に欠場が決まった。この時点でグランプリファイナル出場を逃すこととなり、史上初となる5連覇への挑戦は叶わなかった

wiki

↓↓ フィギュア羽生結弦、転倒での怪我がヤバイ状態・・・オリンピックはどうなる ↓↓