動物

首が血で滲んでいる犬が発見される。その原因は?犬はどうなったのか?

どこの国にいっても動物の虐待はなくならないのでしょうか。
日本には動物の愛護および管理に関する法律。
通称「動物虐待防止法」があります。
その第二条にはこう書いてあります。
動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
「苦しめないようにしなければならない。」
しかし、不幸な事件は後を絶ちません。
これは外国での話です。
この犬はどこから来たのかはわかりませんでした。
しかし、首元に血が滲んでいました。
その痛々しい姿を見かねた住民が動物保護団体に連絡し保護されることとなりました。
いったいなぜ血が滲んでいたのか。
そしてどうなったのか、お伝えいたします。