動物

ガン性腫瘍に侵されていた犬。その回復は住民すべてに知れ渡るほどの奇跡だった…

2015年の2月。
メキシコシティには100万匹以上の野良犬がいると言われています。
それにまぎれて、一匹の野良犬がいました。
しかし、その姿はあまりにも酷く、住民からは目を背けられていました。
この野良犬は、全身をガン性腫瘍に侵されていました。
身体のあちらこちらから、腫瘍が飛び出していて、とても奇妙です。
他の野良犬たちとどうように飢えてはいるのですが、一匹だけ異常でした。
後に「ボビー」と名付けられるようになるその犬を、助けようと思った住民がいました。
そして、動物保護活動家のダリア・ガメズの元へ連れていきます。
そしてすぐさま、動物病院へ運ばれました。
先に書いてしまいますが、ボビーは助かります。
あまりにも素晴らしい回復を遂げたため、ダリアさんの家にお見舞いの行列ができたほどです。
そんな出来事をお伝えします。