動物

「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした

『出会い』の最果てに待ち受ける『別れ』

人間も、動物も、植物も、命あるものは必ず最期を迎えます。その時に感じる悲しみの大きさは、出会いの時に感じた嬉しさに比例します。
良い出会いであったほど、良い関係を築いていたほど、その最期はあまりにも悲しく、受け入れがたいものになります。
このインコも、そんな一羽でした。一緒に暮らしていたインコが亡くなって悲しむ様子が胸に突き刺さります。
その様子は次のページでご紹介します!!!