考える

「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・

通勤のはじめ、日常生活に欠かせない交通手段である『電車』。スケジュールが遅延することは滅多になく、その正確性は海外から絶賛されています。
しかし、やむを得ない事情から遅延することもあります。そんな時、必ずといっていいほど起こるのが、身勝手な乗客による大ブーイングです。
鉄道員を罵倒し、時には暴力をも振い、電車を出せと喚きます。
そうした乗客は、運転手の給料にまで文句をつけます。遅延を招いたなら減給して反省させろ、というのです。
過去には遅延したら運転士の給料を下げるということを実施したこともあるそうです。
しかしこれが思わぬ事故を起こしてしまった。
そう・・・2005年に起きたあの事故を。
詳細は次のページでご紹介します!!!