動物

視覚障害者の元医師が盲導犬に取り付けた小型カメラに映し出された悲しい現実・・・

視覚障害者の目となり、生活をサポートする盲導犬。
彼らにとってなくてはならない存在です。
しかし、悲しいことに生活を送るなかで視覚障害者や盲導犬に対する差別や無関心な人々によって困難や不自由さに直面することもあるようです。

視覚障害者となった元医師

sikaku1
イギリス・ロンドンで暮らしている元医師のアミット・パテルさん。
結婚してから1年半が経った2012年、「円錐角膜症」という目の病気にかかり視力を失いました。
「円錐角膜症」は遺伝的な要因が原因のひとつだといわれており、角膜移植を行うことで回復することも可能です。しかしアミットさんの場合、6回も手術を行ったにもかかわらず、移植された角膜との相性が合わず、完全に視力を失い、視覚障害者となりました。

盲導犬「キカ」との出会い

突然視力を失ったアミットさん。
未来への不安に気持ちが重くなり、泣き暮れることもあったといいます。
そんなときに出会ったのが盲導犬のキカ。
キカはアミットさんを常にサポートしています。
あるとき、アミットさんは赤信号に気がつかず、横断歩道を渡りかけてしまいます。
するとキカは自分を犠牲にしてアミットさんを守ってくれたそうです。
キカはそのとき怪我を負い、3日間歩くことができませんでした。
視覚障害者の目となり危険を回避し、ときには体を張って守ってくれる盲導犬。
社会とのつながりを失わず、社会生活が送れるのはキカのおかげだとアミットさんは言います。

キカの背中に小型カメラを設置

sikaku2
キカのおけげで一人でも外出できるようになったアミットさん。
しかし、通行人がキカに鞄をぶつけたり、自分たちの存在が迷惑だと因縁とつけられ謝罪を求められたりと理不尽な出来事に遭遇し、街行く人々のなかには自分たちの存在を疎ましく思っている人もいることを知りました。
視覚障害者になって初めて知った事実にショックを受けました。
アミットさんは自分たちに何が起こっているのか知りたいと考え、キカの背中に小型カメラを設置することにしました。
sikaku3
「GoPro」をキカのハーネスに設置し、映像を記録することにします。
そこに映し出されたのは・・・