動物

外の世界を知らずに死んでいく運命の「動物実験用」のビーグルが救い出され初めて触れた外の世界に笑顔が!その笑顔に胸が締め付けられます。

なぜ、ビーグルが世界的に実験動物として使用されているのでしょうか?その理由として挙げられるのが、個々の遺伝的な差が小さい、食欲が旺盛、小型なので飼育スペースをとらない、多産であるなどです。
実験の仕方は非常に惨いもので、わざと火傷を作ったり、食生活に関連する事象を調べるためには、偏食させたり太らせることもあるそうです。
そして、最後は殺処分される運命が待っているのです。また、色素の薄い個体同士をかけ合わせ動物実験用のアルビノ・ビーグルを作ることもあるようです。
アルビノであることを活かし、紫外線を遮断する日焼け止めクリームのテスト、サングラスの制度チェック、ガンの治療薬のテストやガン転移の様子の観察などを行うのに使われているそうです。
人間のために犠牲になっている動物たちの事を私たちは、何も知らされていません。これは言い訳ですね。知ろうとしていませんでした。
『動物実験』と聞いて、直ぐに思いつくのは「マウス」、「ウサギ」そして「ビーグル」。次のページで、動物実験用に生きてきた3匹の「ビーグル」が、初めて外の世界に出た時の戸惑いと喜びを画像と共に紹介します。