動物

子犬が捨てられるのを目撃した女性・・・元飼い主に宛てた手紙の内容

目の前で捨てられた1匹の子犬

tegami1
米ノースカロライナ州在住のターニャ・スリットさん。
彼女は動物保護団体に所属し、捨てられたり、虐待された動物たちの保護活動をしています。
そんなターニャさんはある日、とてもショッキングな出来事に遭遇します。
ターニャさんが子供たちと公園で遊んでいたときのことです。
公園に車を停め、子犬を連れ出した1人の女性を見かけました。
その女性は子犬に「鳥がいるよ。追いかけておいで。」と声をかけ、子犬は喜んで鳥の元へ走って行きました。
ターニャさんはそれを微笑ましい光景だと思って眺めていました。
しかし、そのあと女性が取った行動に愕然とします。
女性は子犬が鳥のほうに走って行くのを見ると、車に乗り込み走り去ったのです!
自分の目の前で犬が捨てられた・・・
普段から傷ついた犬たちの世話をしているターニャさんですが、この出来事にはかなりのショックを受けたようです。
 

ひとりぼっちになった子犬

tegami2
飼い主がいないことに気がついた子犬は、飼い主の車を追いかけようと道路にでます。
子犬が他の車にひかれないよう、ターニャさんは子犬を抱えて必死に止めました。
捨てられた子犬がどれだけ傷ついているか、ターニャさんには痛いほど気持ちがわかります。
ターニャさんはその子犬を保護し、アニマルシェルターに連れて行き、マイクロチップをチェックしてもらいましたが、飼い主の情報はわかりませんでした。
とりあえずそ子犬を自宅に連れて帰ることにしたターニャさん。
しかし子犬を捨てた飼い主の女性に対する怒りは収まりません。
そこであることを思いつきます。
ターニャさんの取った行動とは・・・