動物

20年間外の世界を知らずにいた大きなクマ。大自然の中に解き放たれたら、見違える姿に…!

弱りきった体のクマ

檻の中にいるのは、ヒグマです。

シロクマではありません。

実はこのヒグマ、コンクリートの檻に閉じ込められ…20年もの長い間過ごしてきたため、弱りきった体になってしまったのです。

名前をフィフィといいます。

フィフィが動物愛護団体に救出され、日ごと回復していく姿が今話題になっています。

フィフィは、ペンシルベニア州にある動物園で、芸をするクマとして後ろ足で立ち上がるなどの芸をさせられていたのです。

内容は次のページでご紹介します!!!