動物

動物たちに幸あれ!ある保護シェルターが迎えた『最も幸福な日』

空っぽの檻が意味する“幸福”とは

sati1
ある動物保護シェルターからの報告が、Facebookを通じて世界中に拡散しています。
記事と共に投稿された動画には、スタッフからの感謝のメッセージがこの上ない笑顔と共に映し出されてます。
注目してほしいのは、スタッフらが立っている場所……ここは、保護された動物らが生活していた“檻”です。
空っぽの檻の中にスタッフが入り、それぞれメッセージカードを掲げています。
なぜ、この場所で動画は撮影されたのか。その理由は、とても喜ばしく感動的です。