動物

道端に悪臭を放つビニール袋が。その中に詰められていた犬が救助された!

イタリア南部でのことです。
エミリア・ルッケセさんとエンリカ・ビアンキさんは、散歩中にひどい悪臭を放つビニール袋を発見しました。
何が入っているのだろうか。
ふたりは思い切って、そのビニール袋を開けてみることにしました。
すると中に入っていたのは、一匹の犬だったのです。
生きたままビニール袋に入れられ捨てられた犬は、ひどく衰弱し意識も朦朧としているようでした。
両足をケーブルで縛られており、身体からは悪臭が発せられています。
この犬がどれほど長い間、この状態で放っておかれたのかはわかりません。
この犬はその後どうなったのでしょうか。