動物

残虐な「子犬工場」が摘発され残されたのは526匹の犬達だった!その犬達の行方は…?

皆さんは「パピーミル」という人がいるのをご存知ですか?
「パピーミル」とは、悪質なブリーダーのことで、日本語では「子犬工場」を意味します。
命ある犬を道具のように扱い、利益のために子犬を生産させるのです。
親犬には最低限の餌しか与えず、ゲージも狭い中に入れられます。
不衛生な環境で育てられ、健康面に問題が出ても、発情期がくるたびに妊娠・出産を強いられ、母体はどんどん傷つけられます。
小さく可愛い子犬が高値で引き取られるために、そこで産まれた犬は皆早くから母親と引き離されます。
ストレスにより病気にかかりやすい体になってしまったり、性格に問題のあるように育ってしまうことも多く、飼い主が現れずにそのまま殺処分となってしまうことさえあるのです。
現在、パピーミルは国によって厳しく規制されていますが、まだまだその数は多く、なくなるまでにはまだまだ時間がかかることでしょう。
2014年7月、アメリカで1980年から運営されていた悪質なパピーミルが摘発されました。
運営者は懲役25年の罪に課されました。
そこで救出された犬の数は、なんと526匹。
その当時の様子がとても話題になっています。
気になる続きは次のページでご覧ください。