動物

粘着テープが骨の髄までもを痛めつけた。その犬の姿に心が引き裂かれる…

その姿を最初に見つけたのは、ベトナムの1人の動物権利活動家でした。
彼はその犬の姿を見て、言葉を失いました。
その犬の口の周りに巻かれているのは粘着テープでした。
それも、きつくきつく巻かれていて、口を開けるどころか動かすことさえできない状態でした。
そんな状態で、長い間を過ごしてきたようです。
その恐怖心は、計り知れないほど深く、保護された後も怯えきっていました。
このような動物への残虐な行為は、残念なことに世界中で多く発見されています。
この問題に、私たちは改めて目を向けなければなりません。
この可哀想な犬はどうなってしまうのか、続きは次のページでご覧ください。