動物

犬が近所に住む人の靴に穴を開けた…その残虐すぎる仕返しに、同じ人間として許せない!

人間が動物を虐待する動機には、動物への支配、他人を驚かせて楽しむため、人間以外の生き物への差別などが挙げられます。その内で『動物への報復』と『復讐の対象』が、今回のような“凄惨”とも言えるケースに当てはまるように思います。
『動物への報復』とは、動物への的外れな(そんな言葉では済まされませんが!)憎しみから極端な罰を与えたり、仕返しをするもの。
『復讐の対象』とは、他の人が飼っている動物を虐待のターゲットにすることが多いようです。日頃から近隣とのトラブルがあり、そこへペットのイタズラや吠え声が引き金となって虐待に及んでしまう…。
犠牲になるのは弱い立場の動物たちですから、虐待をする人間は卑怯ですよ。もしかしたら、子犬が靴を噛む前に、近所同士で何かあったのかもしれませんね。
次のページで、イタズラに対して目を覆いたくなるような報復をされた子犬が奇跡的に回復し、新たな生活を手に入れるまでのストーリーと画像を紹介します。