考える

住民からの「子どもの声がうるさい」という苦情に対して、管理人が配布した「意見書」が話題に!大人達の胸に刺さる

マンションや住宅街などで必ずと言っていいほど問題になるのが「子どもの声」
皆幼少期には周りに迷惑をかけてきたのだから…と分かってはいつつも、毎日の生活に大きく影響し、悩まされている人がいることもまた事実です。
この複雑な問題を解決するために、様々な所で対策が行われています。
今回ご紹介するのは、ある大型マンションで管理人に寄せられた苦情の話です。
管理人には、3世帯から苦情が寄せられました。
「隣の家からの泣き声がうるさくて夜も眠れないのでなんとかしてほしい。」
「夜中に大きな泣き声が聞こえてきて、こんな所には住めない。」
「子どもの声がうるさすぎる。騒音だ。」
この苦情を寄せた世帯の人々も、相当悩まされていたのか、苦情文はかなり強い口調で書かれていました。
これらの苦情に対して、管理人はある行動をとりました。
その行動とは?気になる続きは次のページで!