驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!

日本では、少子化が大きな問題となっています。その少子化問題に拍車がかかるのでは?!と思われる新たな問題が“産婦人科医不足”です。開業医の中には婦人科のみに移行する病院も多いようですね。
「医学が発達した現代でも、出産は命がけの大仕事」という意見もあれば、「大丈夫ですよ。案ずるより産むがやすしっていうでしょ。」という意見もあります。
それは、どちらもアリですよね!妊娠中に胎児に悪影響を及ぼすことをする妊婦さんには『命懸け説』で注意するでしょうし、あまりにも神経質になっている妊婦さんには『産むがやすし説』で元気づけるでしょうね。
次のページでは、出産後に意識不明になり医師からもツラい宣告を受けた母親が、我が子の泣き声で奇跡の生還を果たす感動のエピソードを画像と動画で紹介します。