動物

最後のお別れが近づくおばあさん。その時、家族同然の猫はおばあさんのそばを全く離れようとしなかった…

見つめ続ける猫

アメリカはホスピスでの出来事でした。

そこにあった姿は、もうすぐ旅立ってしまおうとするおばあさんのそばからひと時も離れようとしない猫の姿がありました。

owakare1

ベッドに横になっているおばあさんの姿が見えます。

そんなおばあさんの顔に愛おしそうに自分の顔を寄せる猫…。

普通に見れば、美しい朝の風景のようにも見えます。

『おはよう』

と猫が話しかけながら、飼い主さんを起こしているような…。

ケアを受けている最中

実は、この写真に写っているおばあさんはホスピスケアを受けている最中なのです。

アメリカでは在宅にてホスピスケアを受けることができるのです。

『人生の最期を迎えるときを安らかに過ごす』

それが目的です。

別れの時が近づいている

owakare2

ホスピスケアを受けている…そうです。

お別れの時が刻一刻と近づいてきているのです。

猫はそれを感じているのか、知っているのかはわかりませんが、胸の上にじっと座っておばあさんから離れません。

ずっとおばあさんの顔を見つめているのです。

そんな猫ちゃんとおばあさんの姿、続いてご覧ください…。