動物

飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…

交通事故はいつ起こるかわかりません。
それが死亡事故となると、突然にそのひとがいなくなってしまいます。
今回の主人公は犬の「ジャックス」。
彼は飼い主を交通事故で突然失ってしまいます。
飼い主はアブラハムさん。
とても深い愛情でジャックスをかわいがっていました。
アメリカ・カリフォルニア州に住んでいたアブラハムさんは自動車事故により、21歳という若さでこの世を去ります。
突然、飼い主が帰ってこなくなったジャックス。
なにが起こったのか、理解するのは難しいでしょう。
その日から、暖炉に置かれたアブラハムさんの遺影を眺めていることが多くなりました。
その姿はとても悲しみをさそいます。
不幸なできごとですが、そんな物語をご紹介します。