感動

意識不明の花嫁を6年間待ち続けた新郎…やっと迎えた感動の『8年越しの結婚式』

突然訪れた悲劇

hanayome1
交際2年になる1組のカップル。
尚志さんと麻衣さんは2年目の記念日に結婚しようと決めました。
半年後の2007年3月に挙式を行おうと、岡山にある結婚式場に結婚式の予約を入れました。
結婚式の準備を始め、まさに幸せ絶頂のとき、突然悲劇に見舞われます。
新婦の麻衣さんの体に突然異変が現れ、一時は心肺停止、命の危険にさらされました。
そして意識不明の状態に陥ります。
 

長い戦いの始まり

hanayome2
麻衣さんは人工呼吸機で、生命は保っているものの、脳は眠った状態。
3ヶ月後に迫った結婚式…尚志さんは式場に式を保留してもらうように頼みます。
結婚式をキャンセルしようとはしませんでした。
いつ意識が戻るのかもわからない、終わりの見えない戦いです。
麻衣さんのご両親は尚志さんに「別の人を探したほうがいい」と伝えますが、尚志さんの麻衣さんを想う気持ちは揺るぎませんでした。
麻衣さんの回復を信じ、ただただ待ち続けます。
続きをご覧下さい。