動物

雨の日も風の日も毎日与えられた食べ物をどこかへ運ぶ犬。その理由に感動の涙!

犬と猫の面倒を見る女性

身寄りのない犬や猫の面倒を見ている動物好きの女性が、ブラジルサンパウロに住んでいました。

その人の名前はスーザさん。

そんな彼女が面倒を見る数は、犬が13匹、猫が30匹という大所帯。

日本でいえば、野良犬、野良猫と見られてしまう子たちですね。

廃品置き場に住み着いた犬

5年ほど前から廃品置き場に住み着いた犬がいました。

その名前を『リリカ』というそう。

スーザさんがそんなリリカを見つけたのは約3年も前のことでした。

動物好きなスーザさん。自宅周りをうろつくリリカに、他の子と同じようにご飯を与えて様子を見ていたそうです。

リリカの不審な行動

リリカの行動にスーザさんはいつも疑問を抱いていました。それは…

リリカはいつも与えられたご飯をすべて食べることはしないのです。残したご飯とスーザさんをじっと見つめていたのだそうです。

他の子では考えられない行動でした。

ご飯を袋に入れてみると…

スーザさんは心配になり、リリカにご飯を食べるように勧めます。

しかし、リリカは決してご飯をすべて食べずに残していたのです。

スーザさんはどうするのか様子を見るためにも、リリカが自分の家にご飯を持ち帰ることができるように、袋に入れて持ち運べるようにしたのです。

すると、リリカは驚きの行動に出ました!

さて、そんなリリカの行動とはいかに!?

次のページでご覧ください!