感動

アメリカのプロレス団体「WWE」がガンと闘う我が息子にしてくれた大きなプレゼント

wwe


プロレスの大ファンの男の子、コナー・ミシャレックくん

レッスルマニアの大ファンのコナー・ミシャレックくんは、まだ7歳にして、ガンと闘っています。コナーくんの父親であるスティーブさんはコナーくんについて語っています。

 

「コナー・ザ・クラッシャー」と名乗るほどレッスルマニアの大ファン

wwe1

スティーブさんが「息子にはもう時間がない」ということを聞いたプロレス団体「WWE」は、バックステージにコナーくんを招待することにしました。

ファンが誰もいない会場にコナーくんはあの大好きなダニエルと入ってきました。

この続きは次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kanban,jpg 『看板猫よ、永遠に!』イギリスで有名だったスーパーの看板猫ブルー…
  2. iede1 家出していた愛犬が口に何かをくわえて1ヶ月ぶりに戻ってきた。犬が…
  3. gomisute1 少女がゴミ捨て場から子猫を救出!!少女が手を差し伸べていなかった…
  4. kanpa 大寒波から動物たちを救え!あるショッピングモールの英断に世界中が…
  5. kanransya 観覧車から見た景色に思わず涙。彼女が見たその景色とは!彼氏からの…
  6. sensou 生きて帰れるかどうかなんて分からない過酷な戦争!戦地へ赴く前日に…
  7. huuhu 夫婦の愛情が、10年間愛情を知らずに育った猫「ティーク」の心を開…
  8. uzuku 車にはねられ体が麻痺し雪の上でうずくまる1匹の野良犬。12時間後…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング