感動

劣悪な環境の中で生きる犬の親子。怪我をしながらも子育てに励む母犬の愛に脱帽!

retuaku


危険なゴミ溜めの中で子犬を必死に守る母犬

インドは野良犬がたくさんいる国です。
そして、その野良犬たちにとって、必ずしも住みやすい環境が整っているとは言い難い状況でもあります。
そのような劣悪な環境の中で生活する野良犬を救おうと活動している「アニマルエイド」という団体があるのですが、ある日、ゴミ溜めの中で生活する犬を発見しました。

retuaku1
この写真をよく見てください。
ゴミの上に寝そべっている犬の横に子犬がいるのを確認できましたでしょうか?
そうです。この寝そべっている犬はこの子犬たちの母犬なのです。

retuaku2

実は、この母犬はガラスの破片で足に怪我を負っていて、自由に動くことが出来ません。
それでも母親としての責任を果たそうとして、危険なゴミ溜めの中で子育てに励んでいたのです。
しかし、母犬が怪我をしたように子犬がいつガラスの破片などで大怪我を負ってしまうかわかりません。
アニマルエイドは、この犬の親子にとって劣悪な生活環境をどのように改善してあげるのでしょうか?

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tae 12年間、虐待に耐え続けた老犬。ひとりの女性との出会いが運命を変…
  2. sougi 加藤茶さんが12年前に亡くなったいかりや長介さんの葬儀で読んだ弔…
  3. kogoeru 車にひかれ大怪我を負い寒さに凍える野良犬。彼を救うための人々の行…
  4. beddo 今はまだ家族はいないけど・・・新しいベッドをプレゼントしてもらっ…
  5. kanban 『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続…
  6. keibitai 不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸…
  7. megane 先天性の病気のため視力の弱い赤ちゃん。メガネを作ってもらい初めて…
  8. uru 犬の足を治してあげたい…大切にしているオモチャを売ることを決意し…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング