感動

一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心臓。

sinzou


場所はアメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ。
10年前、元大学教授のアーサー・トーマスさん(72)は10年前に心臓の臓器移植を受けました。
その心臓は、強盗事件に巻き込まれ、銃によって殺害された男性のものでした。

2016年、女性ジェニ・ステピエンさん(33)の結婚式が行われます。
その際、「自分の結婚式には、せめて父親の『ハート』とバージンロードを歩きたい」と考えました。
その『ハート』はアーサー・トーマスさんに移植されていたのです。

そこで、ステピエンさんは、トーマスさんに結婚式で「花嫁の父」を演じて欲しいと手紙を書きます。

さて、どんな結婚式になったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. mizukara 自らの危険を顧みず動物たちを救おうとする人々の姿に胸が熱くなる!…
  2. hanayasiki 足を失っても、最後まで輝き続けた“花やしきのアイドル”。そして彼…
  3. sotoni 冬の外にケージに入れられたまま放置されていた犬・・・女性獣医の対…
  4. suteyama 「犬捨て山」で起こった奇跡!真実の愛が瀕死の犬を救う!感動の生還…
  5. satuki 「となりのトトロ」のサツキはグレていたかも!?母親がサツキの髪を…
  6. ikigai 強面おじさんの生きがいは『猫』。22年間、野良猫たちに愛を注いで…
  7. ega 江頭2:50が暴走族を更生させた!?その感動の一言とは。
  8. bideo 10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  2. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  3. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai
  4. 職業犬の悲しき性。引退してなお家を守ろうとした結果…… intai
  5. 小指を使った性格占いが当たり過ぎてやばい!!あなたの性格がバレちゃう!? koyubi

アクセスランキング