感動

一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心臓。

sinzou


場所はアメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ。
10年前、元大学教授のアーサー・トーマスさん(72)は10年前に心臓の臓器移植を受けました。
その心臓は、強盗事件に巻き込まれ、銃によって殺害された男性のものでした。

2016年、女性ジェニ・ステピエンさん(33)の結婚式が行われます。
その際、「自分の結婚式には、せめて父親の『ハート』とバージンロードを歩きたい」と考えました。
その『ハート』はアーサー・トーマスさんに移植されていたのです。

そこで、ステピエンさんは、トーマスさんに結婚式で「花嫁の父」を演じて欲しいと手紙を書きます。

さて、どんな結婚式になったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. byousitu 病室における結婚式とダンス!末期ガンの父親に贈った娘からの最高の…
  2. sando 砂で描かれた「父の人生」笑顔で亡くなった父親の生涯に涙が止まらな…
  3. parapara 花嫁へのサプライズ、パラパラ漫画が感動を呼ぶと話題に。
  4. magatta 生まれつき前足の曲がった猫。二足歩行で元気いっぱいに生きる姿が勇…
  5. uso 『嘘吐きで優しい、私のパパ』香港発のCMに感涙する人が続出中
  6. meii 6歳の少女の悲痛な思い「弟を助けて!」。数百円で難手術を引き受け…
  7. yubiwa1 サプライズプロポーズで幸せに驚きと喜びを。「婚約指輪はないと思っ…
  8. uzuku 車にはねられ体が麻痺し雪の上でうずくまる1匹の野良犬。12時間後…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※学校のテストの珍解答20選!】腹筋崩壊!子供達のセンス溢れる答えに大爆笑! | 5
  2. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  3. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  4. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  5. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1

アクセスランキング