感動

一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心臓。

sinzou


場所はアメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ。
10年前、元大学教授のアーサー・トーマスさん(72)は10年前に心臓の臓器移植を受けました。
その心臓は、強盗事件に巻き込まれ、銃によって殺害された男性のものでした。

2016年、女性ジェニ・ステピエンさん(33)の結婚式が行われます。
その際、「自分の結婚式には、せめて父親の『ハート』とバージンロードを歩きたい」と考えました。
その『ハート』はアーサー・トーマスさんに移植されていたのです。

そこで、ステピエンさんは、トーマスさんに結婚式で「花嫁の父」を演じて欲しいと手紙を書きます。

さて、どんな結婚式になったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. uso 『嘘吐きで優しい、私のパパ』香港発のCMに感涙する人が続出中
  2. saigomade 最後まで人々に尽くして天国へ行った素晴らしい救助犬
  3. hakketubyou ある日、未読に気づいたLINEメッセージ。それは白血病で亡くなっ…
  4. mahuyu その勇気はスーパーマンの如し!真冬の海で行われた決死の救助活動
  5. mouitido 結婚式の記憶を失った花嫁に新郎が伝えた言葉は「もう一度結婚式をし…
  6. hikarete ひかれていた犬を救ったバスの運転手、営業中にも関わらず命を大切に…
  7. sotoni 冬の外にケージに入れられたまま放置されていた犬・・・女性獣医の対…
  8. imanimo 今にも死にそうなワンちゃんを献身的な介護で助けたインドの「Ani…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング