感動

一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心臓。

sinzou


場所はアメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ。
10年前、元大学教授のアーサー・トーマスさん(72)は10年前に心臓の臓器移植を受けました。
その心臓は、強盗事件に巻き込まれ、銃によって殺害された男性のものでした。

2016年、女性ジェニ・ステピエンさん(33)の結婚式が行われます。
その際、「自分の結婚式には、せめて父親の『ハート』とバージンロードを歩きたい」と考えました。
その『ハート』はアーサー・トーマスさんに移植されていたのです。

そこで、ステピエンさんは、トーマスさんに結婚式で「花嫁の父」を演じて欲しいと手紙を書きます。

さて、どんな結婚式になったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. oborete 「大変だ!大好きな人が溺れてる!」小象による感動救出劇に心温まる…
  2. wakare1 望まぬ別れの2年後、奇跡の再会に全力の喜びっぷり!その姿に胸が熱…
  3. usinatta 妻と子どもを1度に失った男、母体の死亡と赤ちゃんの死産の後に体験…
  4. magatta 生まれつき前足の曲がった猫。二足歩行で元気いっぱいに生きる姿が勇…
  5. amiwo 「あみを甲子園に連れていく」小児がんを患い亡くなった女子マネージ…
  6. itizu 飼い主に捨てられたことに気つかず一途に待ち続ける犬の姿に胸が苦し…
  7. wwe アメリカのプロレス団体「WWE」がガンと闘う我が息子にしてくれた…
  8. hanbun 体が半分しかなくても飼い主さんに愛され生きようとする犬の一生懸命…

スポンサードリンク

新着記事

  1. スーツケースに入れられ、ゴミ捨て場に捨てられていた犬。自分で小さな空気穴を噛み開けて必死に生きようとしたのです! ke-su
  2. 鎌倉市が公開した『鎌倉市で津波から生きのびる』というシミュレーション動画!そのリアルすぎる動画に鳥肌が立つ kamakura
  3. 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…でも、あなたならカモのために躊躇せずに飛び込めますか? kamo
  4. 林先生が番組内で「明らかに黒だけど、白にしてと頼まれたら?」と北村弁護士に意地悪な質問。その回答が話題になっています! kitamura
  5. 全身をハチに刺され命すら危ない状態の愛犬を捨てるような人間に犬を飼う資格などありません! zensin

アクセスランキング

PAGE TOP