感動

一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心臓。

sinzou


場所はアメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ。
10年前、元大学教授のアーサー・トーマスさん(72)は10年前に心臓の臓器移植を受けました。
その心臓は、強盗事件に巻き込まれ、銃によって殺害された男性のものでした。

2016年、女性ジェニ・ステピエンさん(33)の結婚式が行われます。
その際、「自分の結婚式には、せめて父親の『ハート』とバージンロードを歩きたい」と考えました。
その『ハート』はアーサー・トーマスさんに移植されていたのです。

そこで、ステピエンさんは、トーマスさんに結婚式で「花嫁の父」を演じて欲しいと手紙を書きます。

さて、どんな結婚式になったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tebukuro 亡くなったお父さんの手袋に抱かれている赤ちゃんの写真に反響が。
  2. yubiwa1 サプライズプロポーズで幸せに驚きと喜びを。「婚約指輪はないと思っ…
  3. sando 砂で描かれた「父の人生」笑顔で亡くなった父親の生涯に涙が止まらな…
  4. ihai 大好きだった愛犬とよく一緒に遊んだ公園に愛犬の遺灰を撒いてあげる…
  5. hasimoto 乃木坂46 橋本奈々未の引退理由に大反響。「弟の学費に目途がたっ…
  6. houki 飼育放棄されたゴールデンの性格が豹変!人間に対して威嚇するように…
  7. zikode 事故で瀕死の男性を救い出したのは捨てられた愛犬だった!
  8. henka 虐待を受け続けた犬。初めて愛情を受けたその変化とは…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング