感動

虐待を受け続けた犬。初めて愛情を受けたその変化とは…



ルーマニアの動物保護施設に保護された一匹の小型犬

その小型犬が保護されたのはルーマニアの動物保護施設『Breasta-Craiova』

henka1

前の飼い主から想像できないような虐待を長期間受け続けたため、スタッフにも威嚇を続ける犬。

henka2

スタッフが近づくだけで、とても怯えながら奇声のような鳴き声で鳴きつづけます。

henka

前の飼い主からの虐待を思い出してしまうのでしょう。
また虐待を受けるかもしれないという恐怖がどれだけ大きいかが犬の様子からも分かります。

henka3

そんな犬に対して、スタッフは懸命に愛情を注ぎ続けます。

henka4

最初は強ばった表情のままですが、優しく接している内にだんだんとその表情が変わっていくのです。

 

怯えていた犬の表情が少しずつ優しく…

henka5

スタッフが根気よく優しく愛情を注ぎ続けることで、次第に犬の表情が穏やかになっているのが分かります。

henka6

最初の写真とは一目瞭然ですね。
スタッフの愛情によって、犬は再び安心して人と接することができるようになったのです。

 

現在はどうしているのか

henka7

この犬の現在はというと、新しい家族の元で幸せに過ごしているようです。

「Priscilla」という新しい名前もつけてもらえて、とても幸せそうです。

犬にとって、飼い主からの愛情がどれだけ大切かということが本当によく分かります。

犬を飼う人は、最後まで責任を持って犬に愛情を注ぐことを忘れないでほしいですね。

この話を詳しく知りたい方はぜひこちらの動画も見てみてくださいね。

 

出典:youtube

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. katame 売れ残っていた片目の子犬。子供たちがその犬を選んだ素敵な理由に心…
  2. uzuku 車にはねられ体が麻痺し雪の上でうずくまる1匹の野良犬。12時間後…
  3. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  4. sati 動物たちに幸あれ!ある保護シェルターが迎えた『最も幸福な日』
  5. nakama 車に跳ねられてしまった仲間のそばを離れなかった子犬の姿が話題に。…
  6. hinsi 保護された瀕死の子猫。助かる見込みはないと獣医師に告げられても看…
  7. usinatta 妻と子どもを1度に失った男、母体の死亡と赤ちゃんの死産の後に体験…
  8. samusa 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…?

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング