感動

虐待を受け続けた犬。初めて愛情を受けたその変化とは…



ルーマニアの動物保護施設に保護された一匹の小型犬

その小型犬が保護されたのはルーマニアの動物保護施設『Breasta-Craiova』

henka1

前の飼い主から想像できないような虐待を長期間受け続けたため、スタッフにも威嚇を続ける犬。

henka2

スタッフが近づくだけで、とても怯えながら奇声のような鳴き声で鳴きつづけます。

henka

前の飼い主からの虐待を思い出してしまうのでしょう。
また虐待を受けるかもしれないという恐怖がどれだけ大きいかが犬の様子からも分かります。

henka3

そんな犬に対して、スタッフは懸命に愛情を注ぎ続けます。

henka4

最初は強ばった表情のままですが、優しく接している内にだんだんとその表情が変わっていくのです。

 

怯えていた犬の表情が少しずつ優しく…

henka5

スタッフが根気よく優しく愛情を注ぎ続けることで、次第に犬の表情が穏やかになっているのが分かります。

henka6

最初の写真とは一目瞭然ですね。
スタッフの愛情によって、犬は再び安心して人と接することができるようになったのです。

 

現在はどうしているのか

henka7

この犬の現在はというと、新しい家族の元で幸せに過ごしているようです。

「Priscilla」という新しい名前もつけてもらえて、とても幸せそうです。

犬にとって、飼い主からの愛情がどれだけ大切かということが本当によく分かります。

犬を飼う人は、最後まで責任を持って犬に愛情を注ぐことを忘れないでほしいですね。

この話を詳しく知りたい方はぜひこちらの動画も見てみてくださいね。

 

出典:youtube

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hukurodume 命への暴虐!袋詰めにされ捨てられた子犬たち・・・
  2. dora 少し大人になったのび太達・・・あのドラえもんの後日談を描いた漫画…
  3. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  4. nintisyou1 認知症のおじいちゃんからおばあちゃんへ!感動の人生2回目のプロポ…
  5. syoubou 火災現場で倒れていた子猫を救出し抱きしめる消防士
  6. sensou 生きて帰れるかどうかなんて分からない過酷な戦争!戦地へ赴く前日に…
  7. tyuuken 飼い主を1年間も待ち続けたタイの忠犬…車にひかれ事故死。悲しすぎ…
  8. mazeran 8000kmもの距離を泳いで毎年「命の恩人」に会いに来るマゼラン…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 保健所の現実・・・人間の残忍性が凝縮された一枚の写真。恐怖で失禁してしまう zannin
  2. ホームレス男性にピザを譲った女性。二日後、相手の正体に気付き吃驚仰天! piza
  3. ゴールデンレトリバー御一行。屋内の“あるもの”に揃って首ったけ! okunai
  4. 仁義なき戦い・・・1600度の鉄球vs氷の塊 tatakai
  5. 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬 haisui

アクセスランキング

PAGE TOP