感動

『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続けました。無事にドナーは見つかったのでしょうか?

kanban


腎臓を提供するドナーにはリスクは無いのでしょうか?ドナーになり腎臓が1個となった人とそうでない人を比較した場合、長期の生存率には全く差がないそうです。

これは、腎臓を提供するドナーの条件が元々健康であることや、提供後は定期的に検診(10年以上、年1回)を受けるため健康面のチェックが行き届いているためとも考えられます。

提供後の腎機能は提供前の約70~75%程度となりますが、一時的に腎機能が低下してもその後の腎機能はあまり変化せずに安定するそうです。そのため、腎不全になるなどのリスクは非常に低いと言われています。

しかし、ドナーは提供後に高血圧や蛋白尿が認められることがあり、心臓病や慢性腎臓病へと進行する可能性があるため注意は必要です。

当然、身体にメスを入れ臓器を取り出すわけですからリスクがゼロということはありません。移植施設は、その点を十分にドナーに伝える必要があります。

次のページでは、腎臓移植が必要な妻のドナーを探すため、自ら看板を下げて歩き続けたラリーさんの姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. dora 少し大人になったのび太達・・・あのドラえもんの後日談を描いた漫画…
  2. genpatu 原発事故で取り残された動物は、今どうしているのか…ひとりの男性に…
  3. tegami 子犬が捨てられるのを目撃した女性・・・元飼い主に宛てた手紙の内容…
  4. narimiya 母の死を乗り越え、弟に青春の全てを捧げた成宮寛貴。華やかな俳優業…
  5. hakutyou ケガを負い保護された白鳥。介護してくれた男性に親愛のハグで「あり…
  6. satuki 「となりのトトロ」のサツキはグレていたかも!?母親がサツキの髪を…
  7. sirazuni 外の世界を知らずに死んでいく運命の「動物実験用」のビーグルが救い…
  8. mahi1 階段を上る下半身マヒのネコ…頑張る姿に応援せずにはいられない!

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング