感動

『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続けました。無事にドナーは見つかったのでしょうか?

kanban


腎臓を提供するドナーにはリスクは無いのでしょうか?ドナーになり腎臓が1個となった人とそうでない人を比較した場合、長期の生存率には全く差がないそうです。

これは、腎臓を提供するドナーの条件が元々健康であることや、提供後は定期的に検診(10年以上、年1回)を受けるため健康面のチェックが行き届いているためとも考えられます。

提供後の腎機能は提供前の約70~75%程度となりますが、一時的に腎機能が低下してもその後の腎機能はあまり変化せずに安定するそうです。そのため、腎不全になるなどのリスクは非常に低いと言われています。

しかし、ドナーは提供後に高血圧や蛋白尿が認められることがあり、心臓病や慢性腎臓病へと進行する可能性があるため注意は必要です。

当然、身体にメスを入れ臓器を取り出すわけですからリスクがゼロということはありません。移植施設は、その点を十分にドナーに伝える必要があります。

次のページでは、腎臓移植が必要な妻のドナーを探すため、自ら看板を下げて歩き続けたラリーさんの姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. raion サーカスで13年間頑張ったライオン。そんなライオンが初めて土の上…
  2. hakketu 白血病の息子を何とかして助けてやりたい!莫大な治療費を捻出するた…
  3. hakobu 雨の日も風の日も毎日与えられた食べ物をどこかへ運ぶ犬。その理由に…
  4. suteinu 死んでなるものか!捨て犬が取った必死の行動に誰もが涙・・・
  5. zisin 四川大地震で亡くなった母親が掘り出され発見されました。母親が決し…
  6. kyouguu 同じ境遇におかれた二匹の野良犬。絆を支えに生き抜いてきた結果………
  7. kazoku 「今日から家族だよ!これからよろしくね!」家族ができたワンちゃん…
  8. owakare 最後のお別れが近づくおばあさん。その時、家族同然の猫はおばあさん…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング