感動

『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続けました。無事にドナーは見つかったのでしょうか?

kanban


腎臓を提供するドナーにはリスクは無いのでしょうか?ドナーになり腎臓が1個となった人とそうでない人を比較した場合、長期の生存率には全く差がないそうです。

これは、腎臓を提供するドナーの条件が元々健康であることや、提供後は定期的に検診(10年以上、年1回)を受けるため健康面のチェックが行き届いているためとも考えられます。

提供後の腎機能は提供前の約70~75%程度となりますが、一時的に腎機能が低下してもその後の腎機能はあまり変化せずに安定するそうです。そのため、腎不全になるなどのリスクは非常に低いと言われています。

しかし、ドナーは提供後に高血圧や蛋白尿が認められることがあり、心臓病や慢性腎臓病へと進行する可能性があるため注意は必要です。

当然、身体にメスを入れ臓器を取り出すわけですからリスクがゼロということはありません。移植施設は、その点を十分にドナーに伝える必要があります。

次のページでは、腎臓移植が必要な妻のドナーを探すため、自ら看板を下げて歩き続けたラリーさんの姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ikirukotoga たった74分間しか生きることができなかった女の子。その命がもたら…
  2. onzin1 助けてください!そう叫ぶ犬が助けられた時、濡れた体で命の恩人に感…
  3. kenage 初めて受ける愛情に…嬉しすぎて出血するほど尻尾を振る保護犬。けな…
  4. mizukara 自らの危険を顧みず動物たちを救おうとする人々の姿に胸が熱くなる!…
  5. guuzen 偶然が招いた奇跡。亡き愛犬とインターネットで再会した女性
  6. suiro 7メートル下の水路に転落した愛犬。上まで登れないことに気づいた人…
  7. saino 母親を殺されたサイの赤ちゃん。「ねぇ、なでて…」と言って甘えるよ…
  8. hakketubyou ある日、未読に気づいたLINEメッセージ。それは白血病で亡くなっ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 犬を飼いたい子供に対して、犬を飼いたくない父親が作った『契約書』が厳しすぎる・・・ seiyaku
  2. デカすぎたり、小さすぎたり…アニメのストーリーより気になるワンシーン画像集 dekasugi
  3. 喉の乾いた犬に手で水を汲み飲ませてくれた女性!!感謝した野良犬は次第に心を開いた! nodono
  4. 自宅で倒れた主人を愛犬が救った!愛犬はどのようにして主人を救ったのでしょうか?そんな奇跡の感動救出劇とは!! zitakude
  5. 大好きな飼い主さんと“散歩”に出発・・・あれ!何だかいつもと違うような?本当の目的に気づいてしまったワンコのビビる様子が可愛い! mokuteki

アクセスランキング

PAGE TOP