感動

『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続けました。無事にドナーは見つかったのでしょうか?

kanban


腎臓を提供するドナーにはリスクは無いのでしょうか?ドナーになり腎臓が1個となった人とそうでない人を比較した場合、長期の生存率には全く差がないそうです。

これは、腎臓を提供するドナーの条件が元々健康であることや、提供後は定期的に検診(10年以上、年1回)を受けるため健康面のチェックが行き届いているためとも考えられます。

提供後の腎機能は提供前の約70~75%程度となりますが、一時的に腎機能が低下してもその後の腎機能はあまり変化せずに安定するそうです。そのため、腎不全になるなどのリスクは非常に低いと言われています。

しかし、ドナーは提供後に高血圧や蛋白尿が認められることがあり、心臓病や慢性腎臓病へと進行する可能性があるため注意は必要です。

当然、身体にメスを入れ臓器を取り出すわけですからリスクがゼロということはありません。移植施設は、その点を十分にドナーに伝える必要があります。

次のページでは、腎臓移植が必要な妻のドナーを探すため、自ら看板を下げて歩き続けたラリーさんの姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. henka 虐待を受け続けた犬。初めて愛情を受けたその変化とは…
  2. hanayasiki 足を失っても、最後まで輝き続けた“花やしきのアイドル”。そして彼…
  3. yasumura1 大ブレイクの安村さんを支えたやさしい妻の手紙が胸に沁みる!!
  4. okodukai1 殉職した警察犬に届いた1通のお小遣い入りの手紙。11歳の少女が送…
  5. doresu 派手なドレス姿で参列した男。その理由とは?友人との涙の約束
  6. nakama 車に跳ねられてしまった仲間のそばを離れなかった子犬の姿が話題に。…
  7. mazeran 8000kmもの距離を泳いで毎年「命の恩人」に会いに来るマゼラン…
  8. tyuuken 飼い主を1年間も待ち続けたタイの忠犬…車にひかれ事故死。悲しすぎ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  2. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  3. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  4. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1
  5. 【※スカッと】ぶつかったお爺さんを恐喝するホスト3人組・・・爺「今、家の者を呼びますから…」ホスト「早よしろ!」⇒ すると、黒塗りの車が到着して・・・ 2

アクセスランキング