感動

『妻には腎臓が必要です。』と書いた看板を下げて、夫は1年間歩き続けました。無事にドナーは見つかったのでしょうか?

kanban


腎臓を提供するドナーにはリスクは無いのでしょうか?ドナーになり腎臓が1個となった人とそうでない人を比較した場合、長期の生存率には全く差がないそうです。

これは、腎臓を提供するドナーの条件が元々健康であることや、提供後は定期的に検診(10年以上、年1回)を受けるため健康面のチェックが行き届いているためとも考えられます。

提供後の腎機能は提供前の約70~75%程度となりますが、一時的に腎機能が低下してもその後の腎機能はあまり変化せずに安定するそうです。そのため、腎不全になるなどのリスクは非常に低いと言われています。

しかし、ドナーは提供後に高血圧や蛋白尿が認められることがあり、心臓病や慢性腎臓病へと進行する可能性があるため注意は必要です。

当然、身体にメスを入れ臓器を取り出すわけですからリスクがゼロということはありません。移植施設は、その点を十分にドナーに伝える必要があります。

次のページでは、腎臓移植が必要な妻のドナーを探すため、自ら看板を下げて歩き続けたラリーさんの姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. otokotte1 「男ってやつは」Twitterに投稿されたマンガが泣けると話題に…
  2. suiro 7メートル下の水路に転落した愛犬。上まで登れないことに気づいた人…
  3. honoo 原動力は『愛』。我が子を助けるため、5回も炎に飛び込んだ母犬
  4. utagoe5 盲目と自閉症、2つのハンディキャップを持つ少年の天使のような歌声…
  5. keibitai 不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸…
  6. kansya 『助けてくれてありがとう』殺処分の直前、命を救ってもらえた猫、ヘ…
  7. bouhuu 暴風雨の中、びしょ濡れでさまよう野良犬にバスの運転手さんが迷わず…
  8. raion サーカスで13年間頑張ったライオン。そんなライオンが初めて土の上…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 保健所の現実・・・人間の残忍性が凝縮された一枚の写真。恐怖で失禁してしまう zannin
  2. ホームレス男性にピザを譲った女性。二日後、相手の正体に気付き吃驚仰天! piza
  3. ゴールデンレトリバー御一行。屋内の“あるもの”に揃って首ったけ! okunai
  4. 仁義なき戦い・・・1600度の鉄球vs氷の塊 tatakai
  5. 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬 haisui

アクセスランキング

PAGE TOP