感動

モーガン君が5歳の誕生日に放った言葉は「お母さん、お願い、僕を死なせてよ」だった…。辛い病気に耐える日々

sinasete1


生まれつき病気をもち生まれてきた我が子に、私が変わってあげられたらと母親はどんなに願うことでしょう。

毎日の辛い日々に苦しむ我が子を見て、どうにかしてあげられたらと家族は思うことでしょう。

イギリスのサリー州に住むモーガン・ビショップ君は、ネフローゼ症候群や20以上のアレルギーと、生まれてすぐから闘っています。
sinasete2

ネフローゼ症候群とは

強度の全身倦怠感、皮膚の蒼白化や無気力、食欲不振、腹水・胸水等をみる。
タンパクを尿中に排泄してしまう濾過障害の原因は、主に、腎臓の糸球体にあり、この部位に何らかの原因で、
透過性が亢進することによって、本症を惹起すると考えられている。
主に、アルブミンなどの血中タンパクが排泄されるため、血中タンパクが減少し、血漿膠質浸透圧が低下する。
このため、全身に浮腫を形成する傾向が現れる。
また、尿中タンパクが増大するため、尿の浸透圧が増大し、尿細管における水の再吸収が抑制され、一過性に利尿傾向となる。
なお、この遺失タンパク分を肝臓が補完しようとするため、肝臓が、アルブミンの合成を開始するが、
同時にLDLのようなコレステロール運搬タンパクも合成してしまうため、本症のような腎臓疾患の罹患者では、
高頻度に脂質異常症の状態をみることがある。
長期の利尿期間を経て、腎臓の病態が改善されず、高度に腎不全の状態を呈し始める時期には、乏尿となる。

その苦しみは、私達の想像を遥かにこえていました。
世界にはこんな苦しみに耐えている子がいるという現実に、ぜひ目を向けていただきたいです。
詳細はつぎのページにてご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. igaina 飼い主のおじいさんを待ち続ける犬…意外な形で再会を果たす!
  2. yomei 盲目の上、心臓に問題を抱え、余命宣告をされた子猫。残された僅かな…
  3. imanimo 今にも死にそうなワンちゃんを献身的な介護で助けたインドの「Ani…
  4. tatakarete1 警察官に叩かれても何も言わず我慢する1人のホームレス。。。その後…
  5. saigo 安らかな最期を・・・大切だからこそ、愛犬を安楽死させた主人の切な…
  6. katame 売れ残っていた片目の子犬。子供たちがその犬を選んだ素敵な理由に心…
  7. iei1 飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…
  8. kouun 幸運にも通りがかった親子に助けられた悲惨な姿の野良猫・・・その後…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※学校のテストの珍解答20選!】腹筋崩壊!子供達のセンス溢れる答えに大爆笑! | 5
  2. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  3. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  4. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  5. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1

アクセスランキング