感動

盲目と自閉症、2つのハンディキャップを持つ少年の天使のような歌声に心打たれる!少年を支え続ける夫妻の強さと優しさにも感動!

utagoe5


薬物中毒の親から生まれた盲目の少年

彼の名前は「クリストファー・ダフリー」。

2001年、薬物中毒だった母親から790gという超未熟児でこの世に生を受けました。
薬物の影響からか生まれつき目が見えません。

そして1年が経った頃、両親はクリストファー君の育児を放棄、姿を消してしまいます。

クリストファー君は父方の叔母であり、4人の子供を持つダフリーさん一家に養子として引き取られました。

盲目というだけでも大変なのに、成長するにつれ、自閉症の症状も現れます。

クリストファー君が自分たちに何の反応も見せないことが不安だったが、とにかく彼の全てを受け入れ、どんな試練も乗り越えていくと心に決めた、と話すダフリーさん。

utagoe1
小学校に上がるまで、一言も話さなかったというクリストファー君。

音楽と出会い、運命を大きく変えます。

utagoe2
突然歌い始め、見えないはずのピアノの鍵盤を弾き、音を奏でます。

彼はすぐに音楽の才能を見せ、素晴らしい聴覚と抜群の音感の持ち主であることがわかります。

utagoe3
音楽にふれているときのクリストファー君は、とても生き生きしていて楽しそう。

ダフリー夫妻はこのことに大喜びし、すぐに彼に音楽を学ばせるためのサポートを始めます。

次ページでクリストファー君の歌声をお聞き下さい!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. seotte 登下校だけでなく生活までも。高校生活3年間、親友を「背負って」過…
  2. gassyousai 合唱祭に全員サングラスで出場したクラス。それはクラスの想いがひと…
  3. itizu 飼い主に捨てられたことに気つかず一途に待ち続ける犬の姿に胸が苦し…
  4. itaria イタリア中部を襲った大地震から2週間後、奇跡的に救出された2匹の…
  5. otokotte1 「男ってやつは」Twitterに投稿されたマンガが泣けると話題に…
  6. kousi ケガを負った子牛から離れようとしない母牛。我が子を想う深い愛情に…
  7. yasumura1 大ブレイクの安村さんを支えたやさしい妻の手紙が胸に沁みる!!
  8. inuyou 犬用ケージに閉じ込められていた猫。保護され初めて手に入れた自由に…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング