感動

10年間の月日を経て結婚式を行ったタイのカップル、亡くなってしまった彼女のことは一生忘れない

taino


10年間かかってやっと結婚する準備ができたカップルに突然の悲劇が・・・

新郎チャディル・デフィーさんと新婦サリーニャ・カムソックさんはもうすぐ結婚式を迎える予定でした。

しかし、その数日前に新婦サリーニャさんが交通事故にあってしまったのです。

 

サリーニャさんは病院に運ばれはしたものの・・・

運ばれた病院では対応が出来ず、他の病院に移ったり、なかなか緊急手術が受けられず6時間にも渡って集中治療室で待たされたり、すぐに緊急手術が受けられれば新婦は助かったかもしれませんでした。

結婚式を行うまで、10年という月日が経っていました。

やっと幸せになれると思った直後の悲しい事故でした。本当ならこれから二人で最高の人生を送れたはずだったのに・・・

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kanpa 大寒波から動物たちを救え!あるショッピングモールの英断に世界中が…
  2. kekkon 97歳の妻と100歳の夫の77年の結婚生活。悲しくも素敵な終わり…
  3. dokuhebi 大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向…
  4. nioi 2年越しの再会はまさに奇跡!久しぶりに飼い主の匂いを嗅いでみると…
  5. mahi1 階段を上る下半身マヒのネコ…頑張る姿に応援せずにはいられない!
  6. tyoukaku 奇跡の瞬間に世界中が涙!聴覚障害の赤ちゃんが初めて両親の声を聴い…
  7. hanayasiki 足を失っても、最後まで輝き続けた“花やしきのアイドル”。そして彼…
  8. kouhuku 幸福な11日間を得たシェルター犬。保護した夫婦は悲しみと怒りが抑…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング